• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

DNAなんて、ただのバックアップです~『脱DNA宣言』
武村政春著(評:漆原次郎)

新潮新書、680円(税別)

  • 漆原 次郎

バックナンバー

2007年11月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間30分

脱DNA宣言 新しい生命観へ向けて

脱DNA宣言 新しい生命観へ向けて』武村政春著、新潮新書、680円(税別)

 科学においては、ある物事を時系列で説明する場合、必ずといってよいほど二通りの方法が存在する。

 一つは、現象が起こった順に説明する「発生順」。宇宙創成を大爆発の瞬間から説明していくような方法だ。もう一つは、現象が明らかになった順に説明する「発見順」。これだと宇宙創成の話も天動説あたりが始まりとなる。

 遺伝子の説明では圧倒的に発見順が主流。ワトソンとクリックによるDNA二重らせん発見、その後の研究の広がり、ゲノム解読、そしてポストゲノムへ、といった具合だ。クリックは、DNAを原点として、たんぱく質の発現までの流れを「セントラルドグマ」という教条にまでした。

 発見順で説明する場合、最初に発見されたものが絶対的な存在となる。生命科学の場合、それはDNAだった。遅々として進まなかった生命科学の歩みを一気に加速させたインパクトもあり、教条の原点はこの分野の中心にいまも鎮座している。

 このDNA中心主義に対し、小さいけれど確かな反抗が始まった。

〈私はここで、「DNAは絶対的なものである」という考えを今こそ捨てるべきであることを提言したい〉

 「生物はDNAに支配されている」という、常識になりつつある考え方を改めるための「脱DNA宣言」がなされたのだ。

DNAに代わる主役

 著者は30代の分子細胞生物学者。前著『DNA複製の謎に迫る』(講談社ブルーバックス)では、DNAが複製された後の過程を、詳細かつ正確に、何よりユーモラスに描いていた。本書でも、たとえば「触媒」を、自身は変化せずに別の物質の化学反応を促進させる性質から「鬼教師」に喩えたりする。「騒がしい教室の中に、鬼教師が入ると室内は静かになる。その後、鬼教師が出て行った後もその状態は保たれる」と。

 だが、本書の印象は前著とは異なる。上記の宣言に代表されるメッセージ性が強くなったからだ。そもそも、なぜ著者は「脱DNA宣言」に踏み込んだのだろう。

 著者は、人の人生をも運命づけるような「DNA中心の思考」は、「分かりやすいが、その結果、真実への追求がそこで止まってしまう可能性も含まれている」とし、さらには「思考そのものがそれで完全に止まってしまうように思われるのだ」と警鐘を鳴らす。

 そこで著者は、生物学の舞台に新たな主役を登場させた。「RNA(リボ核酸)」だ。

 DNAからたんぱく質が発現するまでには、DNA塩基配列が転写、翻訳され、アミノ酸が作られていく過程をたどる。RNAはこの転写、翻訳の段階で重責を担う。遺伝情報の伝え手、たんぱく質の作り手、その材料の運び手など、役割はさまざまだ。

 もっとも、著者がRNAをDNAに代わる主役に推すのは、その役割の多彩さだけが理由ではない。遅れてきたマルチ役者には、DNAをしのぐほどのスター性が秘められていたのだ。

コメント0

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官