• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

無死一塁、バントする?『データで読む 常識をくつがえす野球』

~実はヒッティングのほうが有効らしいです

  • 石原 たきび

バックナンバー

2007年11月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

データで読む 常識をくつがえす野球

データで読む 常識をくつがえす野球』小林信也、草思社、1400 円(税抜き)

 「感傷的な野球感は、気持ちよく砕かれ、その向こうにもっと深い感動につながる新しい発見が起こる予感がする」(プロローグより)

 本当にそうだった。テレビの野球中継を見ていてイラッとするのは、解説者の“感傷的な”講評。ホームランを打てば「気合いの一発でしたね」。三振すれば「ボールが見えてませんよ」。そんなん誰でも言えるし…。

 本書は徹底したデータ分析によって、これまで当たり前とされていたプロ野球のセオリーをことごとく葬り去る。著者は少年時代から野球に夢中で、高校の野球部ではピッチャーも務めたスポーツライター。野球に関わって40年近く。「野球のことなら、だいたい理解できるつもりだった」という彼だが、2005年のプロ野球シーズンを通して「なんだか意味がわからない」プレイを数多く目にした。それがこの本を書いたきっかけだ。

 データが語る新セオリーのなかで、印象に残ったものを2つ挙げよう。まずは「無死一塁なら送りバント」というもの。しかし調べてみると、この状況で送りバントをして得点できた確率はセ・パともに40.6%。対して、ヒッティング(強攻策)ではセ42%、パ41.9%(いずれも2005年)。なんと、ヒッティングのほうが得点確率が高かった!

初回失点だとかなりの確率で「負け」

 また、初回に失点した場合、中日とソフトバンクを除いた10チームは、その試合の勝率が約1割~4割。つまり、かなりの確率で負けている。2005年、巨人は5位と低迷したが、実際に初回失点数が128点。ダントツのビリだ(優勝した阪神は62点)。2006年スタート時は好調。初回に得点している。これを受けて著者は「いっそ、初回限定の先発投手がいてもよいのではないか」。おお、大胆な提案。

 分析対象となるデータは、まさにひとつひとつのプレイのすべてだ。たとえば、打者の場合なら「左投手が内角に投げたスライダーに対する打率」などというものまで揃っている。そんなデータは、さすがにスポーツ新聞や専門誌にも載っていない。

 これらを提供しているのは、スポーツデータ分析のスペシャリスト集団「データスタジアム株式会社」(東京・世田谷区)。同社が開発した解析ソフトにいち早く興味を示したのが千葉ロッテのボビー・バレンタイン監督だった。導入後のチームの躍進ぶりは皆さんご存じのとおり。今では半数以上のプロ野球チームが同ソフトを使っているという。首脳陣の経験や直感で試合の采配をふるう時代は終わったのだ。

コメント7件コメント/レビュー

「首脳陣の経験や直感で試合の采配をふるう時代は終わった」と「上辺の数字だけでは見えない貢献度」。この言葉はデータ重視タイプとそうでないタイプがお互いの主張によく使われるフレーズである。データだけでも首脳陣の経験や直感だけでもうまくいくことはなく両方を活用してこそうまくいく。このことを著者は言いたかったのではないだろうか。タイトルがよくない。「実はヒッティングのほうが有効」と書いてあるが読んでみるとバントとヒッティングの得点確率はほぼ同率。2005年は僅かにヒッティングが上回っているが他の年ではどうなのだろうか。都合のいいデータだけを持ってきて都合のいい解釈をしたしたときデータは有効ではなく他の人が言ってる通り害悪となる。(2008/12/23)

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「首脳陣の経験や直感で試合の采配をふるう時代は終わった」と「上辺の数字だけでは見えない貢献度」。この言葉はデータ重視タイプとそうでないタイプがお互いの主張によく使われるフレーズである。データだけでも首脳陣の経験や直感だけでもうまくいくことはなく両方を活用してこそうまくいく。このことを著者は言いたかったのではないだろうか。タイトルがよくない。「実はヒッティングのほうが有効」と書いてあるが読んでみるとバントとヒッティングの得点確率はほぼ同率。2005年は僅かにヒッティングが上回っているが他の年ではどうなのだろうか。都合のいいデータだけを持ってきて都合のいい解釈をしたしたときデータは有効ではなく他の人が言ってる通り害悪となる。(2008/12/23)

「初回に失点すると負けが多い」・・・それはそうでしょう。通常、先発投手には中継ぎ投手より力量が勝る主戦級が任じられる。それが初回から打たれる=調子が悪い、とくれば次に出てくるのは実力が先発未満の投手なんだからそりゃ負ける確立が高くなるでしょう。仮に初回専門の投手を導入して主戦級を二回に登板させるのがセオリーになったも「二回に失点すると負けが多い」という結論に変わるだけでは。「どうしてそうなるのか」という分析無しにはデータ野球は成り立たないのでは?(2008/12/22)

同じ無死一塁であっても、次に続く打線がどういう顔ぶれであるかによって強打かバントかの判断は違ってくるはず。そこを考慮せずに得点率を計算しても正しい分析とは言えない。(2008/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員