• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

真剣にクラシック音楽と向き合う

『N響80年全記録』佐野之彦著 文藝春秋刊 1857円(税抜き)

  • 松島 駿二郎

バックナンバー

2007年11月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『N響80年全記録』佐野之彦著

『N響80年全記録』佐野之彦著

 無味乾燥なタイトルであるが、この本には日本という東洋の島国に西洋クラシック音楽を根付かせようとした、壮絶な物語が秘められている。クラシック音楽は西欧の文化である。それをあたかも日本古来の文化のように受容することは至難の業。それにあえて挑んだNHK交響楽団(N響)の苦闘と受容の歴史が丹念に綴られている。

 教授格はほとんどが西欧の名高い指揮者たちだ。指揮者というフィルハーモニー楽団の絶対者たちの素顔もおもしろい。誰もが強烈な個性を持ち、主張する。多少楽団員と意見が違っていても、自分の考えを押し通す。

 著名な指揮者たちの舞台裏のエピソードがおもしろい。カラヤン、小沢征爾、ストラビンスキー(自作自演)などの引き起こす事件に慌てふためきながらも、何とか付いていく。西欧音楽の全ったき受容という文化の精髄に、N響楽団員の全員が何とかついていき、世界に誇る管弦楽団にまで到達する、苦闘と団結の道筋は書を置くあたわず。

 クラシックのファンならずとも、異文化受容の文化論としても読める。

 全くの裏話だが、ストラビンスキーが老齢をひっさげてやってきたとき、指揮者は新しい楽譜(総譜、パート譜)を団員に配ったという。みずからの曲を、老いてもどこまでも改良していく作曲家の姿勢に団員たちは感激するのだが、それに対して、ストラビンスキーは、たっぷりと新譜並の費用を請求してきたという。「生きている巨匠」の音楽著作権へのビジネス姿勢を、みなが知らされたエピソードである。

コメント0

「書物漂流」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長