• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

乗り越えなければならないこと

I guess this is part of the deal. ― フィル・ミケルソン

  • 舩越 園子

バックナンバー

2007年11月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

フィル・ミケルソン

I guess this is part of the deal.

― フィル・ミケルソン

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 ロレーナ・オチョアが全英女子オープンで優勝するまでにメジャー23試合で悔し涙を飲んだのに対し、かつて「無冠の帝王」と呼ばれ続けたフィル・ミケルソンは、アマチュア時代を含めメジャー46試合で勝負の神様に見放された。しかし、47試合目となった2004年マスターズで初メジャータイトル獲得。05年は全米プロ、06年は再びマスターズで優勝し、瞬く間にメジャー3勝を達成した。

 だが、昨夏、ウイングドフットで開催された全米オープンで勝利を目前にしながら72ホール目にダブルボギーで自滅。思わず口を突いた「I am such an idiot.(オレはなんてバカなんだ)」という言葉は、皮肉な名言としてゴルフ史に刻まれた。

 あの日から丸一年の歳月を雪辱のために費やしたミケルソン。厳しいトレーニングで体重を落としながら筋肉強化を図り、今年は長年のコーチだったリック・スミスを解雇して新コーチのブッチ・ハーモンと猛特訓を行なった。全米オープン1カ月前の5月にはオークモントに乗り込み、綿密な練習ラウンド。2週前のメモリアルトーナメントでは「全米オープンは僕が勝ってしかるべき大会」と豪語した。それなのにメモリアル初日の11番ホールを終えて途中棄権。「オークモントでバンカーやラフから出すショットを練習しすぎて左手首を痛めたようだ」。

 まるで、遠足を楽しみにしていた小学生が興奮しすぎて発熱し、遠足に行けなくなっちゃったというような話。「キミはなんてバカなんだ」というフレーズがメディアセンター内の流行り言葉になったほどだが、当の本人は神妙な面持ちでこう言ったのだ。

I guess this is part of the deal.
(これも、乗り越えなければならないコトだ)

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック