• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第8回 ナポリ時代に考案したナス・オムレツ

9つの歌劇を作るも、《セビリャの理髪師》などの初演は大失敗

  • 水谷 彰良

バックナンバー

2007年11月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から続く)

3) ナポリ時代――サン・カルロ劇場の音楽監督兼作曲家

 フランスによるイタリア支配の終焉で王政復古が確定した1815年の春、ロッシーニはナポリ王立劇場の興行師ドメニコ・バルバイア(Domenico Barbaja、1778‐1841)の求めに応じ、活動の場をナポリに移すことにした。バルバイアは風変わりな人物だった。レストランの皿洗いから身を立て、ミラノでカフェのボーイをしていた1800年頃、ホイップ・クリームをコーヒーやチョコレートに混ぜる方法を考案。これで得た資産を元手にスカラ座に賭博場を開き、莫大な富を築いたのだ。そしてナポリ王の信頼を得るとサン・カルロ劇場にも賭博場を開き、私設銀行を運営し、興行師としても優れた手腕を発揮した。

ナポリのサン・カルロ劇場 ( 1816年に焼失する前の姿。G.Radiciotti: Gioacchino Rossini I.,Tivoli.,1927.より)

ナポリのサン・カルロ劇場 ( 1816年に焼失する前の姿。G.Radiciotti: Gioacchino Rossini I.,Tivoli.,1927.より)

 ナポリでサン・カルロ劇場の音楽監督兼作曲家となったロッシーニは、プリマ・ドンナにイザベッラ・コルブラン(Isabella Colbran、1784~1845)を得た。「女王然とした威厳、情熱的な眼、美しい漆黒の髪と悲劇的天分」(スタンダール『ロッシーニ伝』)をそなえたコルブランはドラマティック・ソプラノの先駆者で、力強く華麗な歌唱により人気を博していた。年1作、オペラ・セリアを求められたロッシーニは、コルブランをヒロインに《イギリス女王エリザベッタ》《オテッロ》《湖の女[湖上の美人]》《アルミーダ》《マオメット2世》など9作の歌劇を発表し、円熟期を迎える。

ナポリの食文化とロッシーニのナス・オムレツ

ナポリ時代のロッシーニ (リトグラフに彩色。19世紀。水谷彰良所蔵)

ナポリ時代のロッシーニ (リトグラフに彩色。19世紀。水谷彰良所蔵)

 国家統一前のイタリアでは、地方ごとに独自の文化が花開いていた。とりわけユニークなのが紀元前のギリシャ植民都市に起源をもつナポリで、ローマ帝国、ビザンチン帝国、ノルマン人の支配を経て、12世紀以降も神聖ローマ帝国ホーエンシュタウフェン家、フランスのアンジュー家、スペインのアラゴン家など外国支配が続いた結果、ローマ以北と異なる文化が形成され、言語も独自のナポリ語が使われていた。

 そうした独自性は食にも及び、ナポリではトマトやオリーブがいち早く食材とされ、19世紀にはスパゲッティやマカロニが主食になっていた。

 ロッシーニがナポリを拠点にしたのは1815年から22年までの8年間。その間に彼が考案したとされる料理が、ナスを卵で巻き、チーズとトマトソースをかけて焼くオムレツである。作り方を紹介しておこう。

コメント0

「ロッシーニの料理」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員