• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

盛者必衰

They say a giant has to fall at some point.
― ザック・ジョンソン

  • 舩越 園子

バックナンバー

2007年11月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ザック・ジョンソン

They say a giant has to fall at some point.

― ザック・ジョンソン

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 フィル・ミケルソンは14年に及ぶ「無冠時代」の末、メジャー出場47試合目、マスターズ出場12試合目で、やっとメジャーチャンプになったが、今年のマスターズで優勝したザック・ジョンソンはメジャー出場12試合目、マスターズ出場わずか3試合目でグリーンジャケットを手に入れた。

 ジョンソンはアメリカの“草の根ツアー”であるミニツアーや二軍のネイションワイドツアー時代から、その名を轟かせていたパットの名手。2003年のネイションワイドツアー賞金王となって翌年のPGAツアー出場権を獲得したときは「ついに、アイツがやって来る」と選手たちが身構えたほどだ。

 だが、そんなジョンソンの経歴を事前に知っていたのは米メディアの中でも一部のみ。それゆえ、マスターズでのジョンソン勝利を報道した記事のトーンは2つに分かれた。ジョンソンを熟知していた記者は「勝つべき選手が勝った」とうたい、彼の名前すら聞いたこともなかった記者は「伏兵の勝利」と書いた。

 大物の卵が順当に孵化して大物になったのか。それとも、小物がたまたま大物の真似事をしたのか。それは、さておき、最終ラウンド開始時点でジョンソン勝利を予想したメディアがほとんどいなかったことだけは確かだ。

 マスターズでは「最終日最終組の選手が優勝する」というジンクスが16年間も続いていた。そして、今年の大会で最終日最終組にいたのはタイガー・ウッズ。後ろから3組目でスタートするジョンソンが、そんなジンクスを破り、タイガーを抑えて逆転優勝するとは誰も予想すらしなかったのである。

 優勝会見の席上、こんなダイレクトな質問が飛んだ。「メジャー最終日に最終組のタイガーを負かすなんて大それたことをキミはどうやってやってのけたのか?」。ジョンソンは、こう言った。

They say a giant has to fall at some point.
(大物は、いつか落ちるものでしょう?)

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長