• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

防ごう、動脈硬化

  • 立川らく朝

バックナンバー

2007年11月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

動脈硬化、ってどんな病気だと思います?

立川らく朝

立川らく朝
動画はこちらから

 動脈が堅くなるんだと思いますよね、普通。でもそうじゃない。動脈の内側の壁にコレステロールがたまってこぶを作っちゃう。これが怖いんですよ。

 だって内側ですよ、血管の内側。内側にこぶなんかあったら狭くなって血液の行き来をさまたげてしまうわけです。これが動脈硬化。

 たとえば心臓。心臓ってのはポンプです。だから24時間やすみなく働いてる。だからね、この心臓に血を送っているカンジョウ動脈、これが大事な動脈なんです。カンジョウ動脈ったって別に請求書送ってくる動脈じゃありませんよ。冠状。心臓は丸っこい臓器ですからね、その上に冠みたいに取り巻いてる。

 駅の階段を駆け上がったりすると、心臓がドキドキしますよね。あれは、心臓に血がいっぱい行き来してるんです。大切な冠状動脈の内側にこぶができたら、血がなかなか来ません。心臓だって血が来なかったら黙っていません。「痛いよぉー、心臓が痛いよぉー」ってサインを出します。

 これが狭心症。冠状動脈の75%が詰まったら、りっぱな狭心症と言われています。元々細い血管の残り25%なんて、糸みたいな状態。これが完全に詰まって血が行かなくなっちゃったら、心臓の筋肉なんてあっという間に死んじゃう。これが心筋梗塞ですよ。梗塞ってのは、滞ってふさがる、って意味です。

こういうことが心臓で起きれば心筋梗塞、脳で起これば脳梗塞。どちらも大変な病気。これもみんな元は動脈硬化ですよ。コレステロール値の高い人には心筋梗塞を起こす人が多い。そう聞くと「コレステロールって、なんて悪いヤツだ」って思うでしょ。そんなことないんですよ。すごく大事なこともやってるんです。

 一番大切なのが、細胞の膜を作ってる。家作るときの壁と一緒ですよ、壁がなかったら家作れないじゃないですか。人間は細胞の固まりですから、てっぺんからつま先まで、コレステロールを分配するシステムを持ってなきゃ生きていけない。で、どうやって分配するか。私たちがコレステロール食べるでしょ、このコレステロール、いったん全部肝臓にためます。この肝臓にためたコレステロール、どうやって全身に分配するか?

 コレステロールって脂でしょ、脂って水に溶けないんです。人間の血液ってのは基本的に水ですから、コレステロールみたいな脂は血の中に溶けることができない、溶けないものは運べない。そりゃそうですよ、溶けないものが血の中流れてたら、あちこち詰まっちゃってしょうがない。

コメント0

「立川らく朝の「落語で健康! 笑ってメタボ脱出」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員