• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

奇妙な恐竜たち大集合!

どうしてそんな姿形になったのか?

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2007年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 竜か、人食い鬼か、はたまたノアの箱舟に乗りそこねた太古の動物の骨なのか……。19世紀までは、恐竜の骨が見つかるたびに、こんな諸説が取りざたされた。それから2世紀。古生物学の研究が進めば進むほど、恐竜の骨はどんな伝説よりも多くの不思議を語り続けている。何十種もの新たな恐竜が、引きも切らず毎年のように発掘されている。

なかでも中国とアルゼンチンは、近年の驚くべき新発見の宝庫だ。最近出土した奇妙な化石をながめていると、いったい母なる自然は何を考えていたのだろうと、首をかしげずにはいられなくなる。



パラサウロロフスの後頭部から突きだした長いとさかについては、様々な仮説が立てられている。武器か、呼吸管か、それとも超好感度で匂いを感知するセンサーか。コンピューターを使ったモデリングの結果、トロンボーンのように低く響く音を出していたという説が現在では最も有力だ。
パラサウロロフスの後頭部から突きだした長いとさかについては、様々な仮説が立てられている。武器か、呼吸管か、それとも超好感度で匂いを感知するセンサーか。コンピューターを使ったモデリングの結果、トロンボーンのように低く響く音を出していたという説が現在では最も有力だ。

 デイノケイルスの大きな3本のかぎ爪がついた前肢は、長さが2メートルを超す不格好なしろものだったが、これは何かの役に立ったのだろうか? 風変わりな前肢ということなら、モノニクスも負けてはいない。極端に小さな前肢の先に、やたらに頑丈なかぎ爪が1本だけついているのだ。大胆な仮説ならいくらでも立てられる。

 モノニクスは1本だけのかぎ爪で、昆虫をほじくって食べていたとか、デイノケイルスは長い前肢で、大量の木の葉や樹皮をちぎってはばりばりと食べていたとか。肉食のデイノニクスは人間と同じくらいの大きさで、デイノケイルスと同じく前肢に3本の爪をもっていた。獲物に飛びかかって長い前肢と3本の爪で締めあげ、後肢の鎌のような爪でけり倒してとどめを刺していたのかもしれない。

 体長わずか十数センチと非常に小さなエピデンドロサウルスは、前肢の3番目の指だけがやたらと長くなっていた。キツネザルの仲間アイアイにも同じ特徴があるので、この恐竜も樹上生活を送っていて、木の枝や幹にしっかりつかまる必要があったのかもしれない。

 翼竜は長く発達した指で薄い膜を支えて、コウモリのように空を飛んでいたから、エピデンドロサウルスは空を飛べるように進化する前段階にあったとも考えられる。だが、角竜の一種、スティラコサウルスのえり飾りや、近年マダガスカルで発見された白亜紀の恐竜、マシアカサウルスの突きだした前歯となると、どんな説明ができるというのだろう?

コメント1

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者