• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

木造住宅は本当に短命なのか?

地震に強い構造にすれば、木造でも寿命100年が可能に

  • 日経ホームビルダー

バックナンバー

2007年12月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回に続き、これまで古い木造住宅の耐震診断を300軒以上手がけてきた構造リフォームの専門家である匠(なる)建築の保坂貴司さんに「地震に強い家」のポイントを聞く。欧米諸国の住宅に比べて住宅寿命が半分から3分の1と短い原因は何か。そして木造住宅で、地震に強く、かつ長持ちする住宅をつくるポイントについて聞いた。

(聞き手はライターの守山久子氏)

2004年新潟県中越地震の被災地の撤去作業

2004年新潟県中越地震の被災地の撤去作業 (写真:守山久子、以下同)

新潟県中越地震でつくられた仮設住宅

新潟県中越地震でつくられた仮設住宅

―― 保坂さんは多くの地震被災地で調査や住民相談に取り組まれてきました。倒壊した木造住宅もたくさんご覧になっています。

保坂 被災地を見ていつも感じるのは、多数の住宅が倒壊してしまったことに加え、まだ利用できる多くの住宅が取り壊されていることへの無念さです。

 また被災地では、倒壊した住宅を取り壊したために生じる廃棄物の山や、学校の校庭などにずらりと並んだ仮設住宅をあちこちで見かけます。しかし、もし同じような大被害が首都圏で起こった場合、これだけの廃棄物を処分し、仮設住宅を建設するのにどれだけ時間とコストを要するでしょうか。地震で被害を受けない住宅をつくることはもちろん、多少の被害を受けた建物を簡単に壊さず、建物を生かして復旧できるようにすることが必要だと思います。

―― 今年7月に発生した新潟県中越沖地震の被災地の様子はいかがでしたか。

保坂 前回にも紹介していますが、外装を大掛かりにリフォームしたばかりの住宅が倒壊していました。もともと築100年ほどたった住宅とのことで、近づいてみると、足元の土台などは劣化したものがそのまま残っていました。外観や設備を新しくするためには2000万円程度の工費がかかったのではないでしょうか。その費用の1割でも構造上の補強に費やしていたら、結果はまた変わっていたのではないかと残念に思います。

外装などのリフォーム後に被災して倒壊した家外装などのリフォーム後に被災して倒壊した家

外装などのリフォーム後に被災して倒壊した家

 もう1つ目についたのは、地盤による被害です。土砂崩れや液状化によって、家が大きな影響を受けました。脆弱な擁壁によって支えられた盛り土の崖地にできた住宅街で、大きな被害を受けたところも見ました。

コメント3

「地震に強い家とは」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長