• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

この国で働くのがバカらしい~『日本を降りる若者たち』
下川裕治著(評:清田隆之)

講談社現代新書、720円(税別)

  • 清田 隆之

バックナンバー

2007年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間4時間00分

日本を降りる若者たち

日本を降りる若者たち』下川裕治著、講談社現代新書、720円(税別)

 大学生の頃、リュックひとつで海外を放浪してくる友人がたくさんいた。いわゆる「バックパッカー」というやつだ。

 授業もろくに出ず、短期バイトで集中的にお金を稼ぎ、それを軍資金に物価の安いアジア諸国をまわる。とりわけ人気があったのはタイとインドで、帰国後、彼らの多くは「向こうで価値観が変わった」と口を揃えて語っていたものだった。

 僕はそんな彼らの言葉にコンプレックスのようなものを抱いていた。というのも、自分は一度も海外に出たことがなかったからだ。言葉もわからず、空気も食べ物も違う国になぜ進んで行きたがるのか? そんな理論武装をして、海外旅行のチャンスを避け続けてきた。

 「ガンジス川には死体がフツーに流れていた」「バンコクで盲目の路上ミュージシャンに出会った」なんて自慢話に「へぇ」とうなずきつつ、「そんなのを見ただけで変わる価値観なんて、もともと脆弱だったんだよ」と心のなかで悪態をついた。

 何がそこまで気に入らなかったのかといえば、彼らの言葉の裏に「日本は狭い」「この社会は息苦しくてダメだ」というメッセージが込められていたからだ。

 「気楽な学生の身分で生意気を言うな」という想いもあったし、その息苦しい社会から一歩も出たことのない自分を暗に否定されたような気にもなった。ただのヒガミと言われてしまえばそれまでだけれど。

 そんな経験があったからかもしれない。書店で本書を見かけたとき、ハッとした気分になった。

〈バンコクをはじめ、増え続ける「外こもり」
彼らがこの生き方を選んだ理由とは?〉

 帯のコピーを見て、すぐに彼らが思い浮かんだ。「放浪の果てに、ついに日本を捨てたのか……」と、勝手な想像をめぐらせた。「外こもり」とは、日本で稼いだ資金を元手に、それが尽きるまで何もせずに海外で暮らす人々のことを指す。そんな若者が増えているというのだ。

 僕は今、この原稿をバンコクで書いている。これが生まれて初めての海外ということになる。縁あってタイに来た。本書の舞台である「カオサン通り」も丸一日かけてぶらついた。

自分がいても「気にされない」場所

 とにかく驚いたのは、気候のよさと物価の安さだ。情報としては知っていたものの、実際この真冬にTシャツで出歩き、70円ほどで買える瓶ビールをラッパ飲みしてみると、悩みも自意識も吹き飛んで、ただ単純に浮かれた気分になってくる。ややもすれば、この原稿を書く手すら止まってしまいそうだ。

〈遊んで暮らしていても、誰も関心を示さない社会。外こもり組がバンコクという街を選んだ理由でもある〉

 旅行者の多いカオサン通りに限った話ではない。どこで腰かけてビールを飲んでいようと、誰にも変な目で見られることはないのだ。現地のタイ人にしたって、例えば酒を飲んでボードゲームに興じるマンションの警備員、制服のまま路上のベンチでゴロ寝するバイクタクシーの運転手など、辺りを見渡せばそこら中で仕事をサボっている。いやむしろ、サボるというよりは、それがスタンダードな労働感覚なのかもしれない。

 気候や物価によって浮かれ気分が形成され、人目を気にすることのない開放的なムードにとろけるような居心地のよさを味わう。そして口をついて出てくるのは、例えばこんな言葉だ。

 「今頃みんな、狭い日本であくせくバカみたいに働いてるんだろうな……」

 これはまさに、あのバックパッカーの友人たちから聞いた言葉だった。妙な優越感があった。彼らもこんな気分だったのだろうか。

〈僕はそんな優越感を否定しているわけではない。人間はそんなに立派な存在ではないし、ちっぽけな優越感であっても、それで一日を乗り切るぐらいのことはできる。ひとつの処世術といってもいいのかもしれない。しかし一部の若者にとって、留学体験は精神的な逃げ場をつくってしまっていることをときどき感じてしまうのだ〉

 精神的な逃げ場――。この言葉は、著者が外こもりの若者たちを取材していくなかで見抜いた本質のように感じる。

コメント6件コメント/レビュー

この本の存在と「外ニート」と云う言葉、今まで知りませんでした。まあ~日本人にこだわらなければ亡命したって良い訳で、例えが悪いかもしれませんが、日本のラモスさんみたいに海外で活躍してその国に惚れ込んで、その国に亡命ってありですから。。でも問題は今の日本が若者に対して閉塞的で、しかも経済的な年代の格差が酷いほど広がってるって事の方が問題です。若者の賃金は私が駆け出しの頃の20年前より下がっている。物価は上がっていてこれじゃ~子供を作って育てるなんて無理ですよ。やはり少子化は止まらないんでしょうね~(2008/08/31)

オススメ情報

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この本の存在と「外ニート」と云う言葉、今まで知りませんでした。まあ~日本人にこだわらなければ亡命したって良い訳で、例えが悪いかもしれませんが、日本のラモスさんみたいに海外で活躍してその国に惚れ込んで、その国に亡命ってありですから。。でも問題は今の日本が若者に対して閉塞的で、しかも経済的な年代の格差が酷いほど広がってるって事の方が問題です。若者の賃金は私が駆け出しの頃の20年前より下がっている。物価は上がっていてこれじゃ~子供を作って育てるなんて無理ですよ。やはり少子化は止まらないんでしょうね~(2008/08/31)

最近この本の存在を知りました。自分はシンガポールでニート中です。まあ、元々は日本の搾取満載、サビ残当たり前の労働システムが嫌で海外(留学)に出て、その後はオーストラリアとシンガポールで働いていました。オーストラリアは毎日定時帰宅、有給年間30日といった感じで最高でしたね。今は仕事もヤメ、しばらくは貯金でのんびりしようという感じです。その点はバンコクでのんびりしている日本人と変わらないかもしれないですね。日本の労働システムが変わらない限り、こういう人たちは増えると思います。ただ、島国日本なので、語学だったりと外に出るハードルはまだ多少は高いかもしれませんが。。。(2008/01/19)

書評子には気の毒だが、非常にくだらない内容だと思う。海外放浪系の若者は昔からいるし、そのレポートも、最近なくなった小田実『なんでも見てやろう』を筆頭に山ほどある。せめて、それが、昔と今とで、どう変化しているのかをレポートしなくては、新しく本を書く理由がない。数値的なデータを挙げて、日本人と海外生活との関わりの変化を書くとか、海外での生活体験を日本でうまく生かした例などを紹介するとかしないと、誰も手にとって読まない本だと思う。少なくとも、私は「下りた」。(2007/12/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

物事の考え方やビジネスモデルが過去の延長では立ち行かなくなってきている。

渡辺 秀一 メディパルホールディングス社長