• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

(14)都会の「限界集落」、ゴーストマンション

終の棲家になるために欠かせないこととは

  • 山岡 淳一郎

バックナンバー

2007年12月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「限界集落」という言葉がある。

 提唱者の大野晃・長野大学教授は「65歳以上の高齢者が集落人口の半数を超え、冠婚葬祭をはじめ田役、道役などの社会的共同生活の維持が困難な状態に置かれている集落」(『農業と経済』2005年3月号)と定義している。高齢化が極限まで進み、就学児童はおらず、共同体を維持できなくなった集落と言えよう。国の調査では1960~98年の間に1713の集落が消え、さらにその後の10年間で2200集落が消滅すると予測される。

 村に人が住まなくなると、山野は荒れ、川は暴れて自然災害が上流から下流へと拡大していく。過疎地の限界集落は、都市部の生活にも大きな影響を及ぼすのである。

 一方で、都市の中にも「限界集落」に似たスポットが出現し始めている。

 いわゆる「ゴーストマンション」だ。松本恭治・高崎健康福祉大学教授は、全住戸の半分以上が空室になった分譲マンションの事例(群馬県内)を次のように報告している。

Aマンション
30区画内16区画空室。91年分譲、高崎市郊外、地上3階地下3階、斜面地下部分がすべて空室。(管理)業者倒産が原因。委託管理。
Bマンション
20区画内全戸空室。91年分譲、藤岡市未線引き地区、5階。開発業者が資金繰り困難になり、一部下請けに押し付け、社宅として買収した企業も社員に払い下げた結果、管理が崩壊した。共用部分の電気代未納で電力供給を打ち切られ全戸空室化した。転売転貸ができず競売多発ながら不調続きである。
Fマンション
店舗、事務所、住宅の複合ビル、58区画。78年分譲、前橋市中心街、10階。4階以上が住宅だが空室も多い。店舗事務所はすべて空室。委託管理、競売事件多数。2005年に1戸5万円の競売予告があった。50万円で落札した。

(『都市問題』2006年5月号より)

 これらのマンションがゴースト化した要因には事業者の倒産など個別の事情も挙げられるが、共通しているのは維持管理の崩壊が直接的引き金になっていること。

 維持管理が崩れる背景には農山漁村の限界集落と同じように住民の高齢化が横たわっている。そして、管理機能がマヒした途端、マンションはゴースト化への坂道を転がり落ちる負のスパイラル現象が生じる。ゴーストマンションの住民たちは、砂のようにバラバラになって、社会の底辺へと散っていく。

 友人の臨床医によれば、高齢者の最も切実な欲求は、「好きな人と好きな所で暮らし続けたい」というもの。限界集落であろうがゴーストマンションであろうが、このニーズは変わらない。

マンションは終の棲家になれるのか

 国交省のマンション住民への意識調査によれば、その半数が「マンションを終の棲家にしたい」と答えている。「終の棲家」とは「終生住んでいるべき所」または「最後に住む所」。その情緒的なことばの響きの裏には、いずれ迎える「死」への思いが張りついている。多くの人がマンションを「終の棲家」にしたいとはいえ、マンションで「看取られたい」わけではない。現実にマンションの「畳の上」で死ぬのは難しい。

 死を迎える場の国際比較によれば、日本は病院死が全体の81%を占め、高齢者施設等3%、自宅等が16%。米国では病院が41%、高齢者施設等22%、自宅31%。オランダは、それぞれ30%余りでほぼ均衡している。欧米に比べて日本は自宅や高齢者施設等での看取りが極めて少ない。日本の病院で、かくも多くの死が受け入れられてきたのは、「社会的入院」の受け皿とされる「療養病床」が三十数万床あり、それらが米国の「ナーシングホーム」と同じような機能を果たしてきたからだ。

 しかし、近年、厚労省は公的医療費を抑制する観点から病院の「療養病床」を大幅に減らしつつある。国は、医療費がかかる病院から高齢者施設や自宅等へ、看取りの場を転換しようとしている。

 では、病院から追い出されても、自宅に戻れない高齢者はどこへ行けばいいのか。

コメント2

「マンションに住んで幸せになろう」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック