• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「WiiFit」は、実は大きな賭けだった

任天堂が手に入れた新しい切り札

2007年12月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 Wii(ウィー)本体発売から、ほぼ1年後にあたる12月1日。「家族で健康」をキャッチフレーズにした、まったく新しいタイプのWii用ソフト「WiiFit(フィット)」が発売されました。

 テレビCFを主体とした大々的なプロモーションが行われましたから、すでにその中身はご存知でしょう。これはバランスWiiボードと呼ばれる、いわば「体重計をコントローラーにした」ソフトです。より厳密にいうと、4つの体重計が中に入っているため、その上に立ったプレイヤーの前後左右への重心移動を感知することができ、それがゲームに反映される、という仕組みです。

 任天堂は出荷台数などを公表していませんが、かなり上々の滑り出しを見せている模様。まだ年末商戦(もしくはボーナス商戦)が始まっていない時期から順調に売れているようです。今後はヨーロッパ市場、北米市場にも投入されますから、全世界でのミリオンセラーは確実だ、と断言してよさそうです。

任天堂は大きなギャンブルに勝利した

 2007年、世界最大のテレビゲーム展示会のひとつであるE3(Wlectronics Wntertainment Expo)でのカンファレンスを皮切りに、多くの発表会の場で、任天堂はこのソフトこそがWiiの目玉商品であるのだと積極的にアピールしてきました。「わたしたちはこのソフトに自信を持っている」という姿勢は一度たりとも崩さなかった。

 しかし、任天堂はゲームビジネスを生き抜いてきた企業であり、だから内心では、多くの不安を抱えていたのだろうと推測します。

 なぜか? ゲームの歴史を知っている者ならば、「周辺機器を利用したソフトは、高く評価されることはあっても、スマッシュヒットすることはない」という常識が存在することは、痛いほどよく知っているからです。

 しかし任天堂は、そんな常識について「知らないふり」を続けました。そして自信満々の姿勢を崩さずに「Wiiフィット」を市場に投入しました。最近好調な任天堂が、ここまで本気でプッシュするなら、きっと面白いに違いない――とユーザーたちに思わせることに成功し、本当にヒットさせてしまった。ここ数年の任天堂の、ゲームビジネスにおける勝負勘の冴えは凄まじいばかりです。

 こうして任天堂は、みごとに新しいデバイスを普及させることに成功。任天堂は大きなギャンブルに勝ちました。その結果、未来の勝利のための手札を1枚、入手したことになったのです。

コメント0

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「「WiiFit」は、実は大きな賭けだった」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏