• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「意識」すれば、するほど ― 今田竜二

Winning is always hard no matter what level you are. (どんなレベルのツアーにおいても「勝つ」ってことは大変だ)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2007年12月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今田竜二

Winning is always hard no matter what level you are. ― 今田竜二

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 “練習の虫"と呼ばれる44歳のビジェイ・シンを眺めながら「ジャック・ニクラスが46歳で達成したメジャー最年長優勝記録を抜くのはビジェイだ」と言ったのは、31歳の今田竜二だった。

 今田は日本人選手としては異色の存在。14歳で単身渡米し、米国人コーチと2人で共同生活を営みながら、昼間は学校、朝夕は近くのゴルフ場で腕を磨いた。

 AJGA(米国ジュニアゴルフ協会)では次々と勝利を重ね、タイガー・ウッズと一、二を争うトップジュニアと称された。ジョージア大学進学後、プロ転向。二軍のネイションワイドツアーでは通算2勝を挙げ、05年からPGAツアーで戦い始めた。

 3年目を迎えた今年の春、PGAツアーで初めて優勝争いに絡んだ。首位で最終日をスタートし、後半に入ってもリードを守っていたが、猛チャージをかけたマスターズ覇者のザック・ジョンソンに終盤で追いつかれ、プレーオフで敗北。

 今田は日本語が不自由なわけでは決してないが、英語で受け答えするときのほうが自分の意志をしっかりと、そして饒舌に語る傾向がある。米メディアから惜敗の心情を尋ねられると、こんな言葉で答えた。

Winning is always hard no matter what level you are.
(どんなレベルのツアーにおいても、優勝するってことは大変なんだ)

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手