• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

命は自分のものですか、誰かのために死ねますか?~『「死」の教科書』
産経新聞大阪社会部編(評:柴田雄大)

扶桑社新書、780円(税別)

  • 柴田 雄大

バックナンバー

2007年12月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間10分

「死」の教科書~なぜ人を殺してはいけないか~

「死」の教科書~なぜ人を殺してはいけないか~』産経新聞大阪社会部編、扶桑社新書、780円(税別)

 去る12月14日、長崎県佐世保市のスポーツクラブで37歳の無職男性が散弾銃を乱射、2人が死亡、6人が重軽傷を負った。犯人は事件後に自殺、遺族は怒りをぶつける先も失い、むなしさだけが残った。

 当たり前のことだが、死は誰にでも訪れる。事件の被害者として命を落とす場合だけでなく、病死、突然の事故死、自殺など様々だ。日本ではまず見られなくなった戦死も、世界に目を転じれば、いくらでもある。

 本書はそんな人間の「死」を見つめ直し、死を論じることで改めて生きることの意義を問いただしたもの。産経新聞大阪版の朝刊1面に、06年4月から07年6月まで連載された「死を考える」に加筆した330ページに及ぶ大作でありながら、新聞記事らしい読みやすさから一気に読了した。

 「なぜ人を殺してはいけないの?」

 冒頭から、いきなり考えさせられる。これは、10代の子供たちによる殺人事件を考える公開討論会における、ある若者の発言だ。会場は凍り付き、誰も明確な答えを示すことができなかったという。

 もし私が中学生の息子に同じ質問をされたらどう答えるだろうか。「そんなもの、ダメに決まっているじゃないか」と言って分かるぐらいなら、はじめからこんな質問は出ないし、痛ましい事件や自殺も起きないだろう。

 しかし現実は、今年も父親を金づちでめった打ちにした女子高生など、子供による殺人事件や自殺が相次いでいる。本書の中で紹介されるある小児科医のアンケートには、あぜんとさせられた。

 都内の小学校高学年と中学生400人に「一度死んだ生き物が生き返ることはあると思いますか?」と質問したところ、小学生の3人に2人、中学生の半数が「生き返る」「生き返ることもある」と答えたというのだ。

死とは、残された人の問題でもある

 理由は「奇跡体験を紹介するテレビで人が生き返る話をやっていた」「テレビで生まれ変わりの話をやっていた」というあきれたものだ。こういう発想のもとに「別の自分に生まれ変わる」と言って簡単に自らの命を絶ってしまう子供が少なくない。

 取材班が指摘する原因の一つがゲームの悪影響だ。死んでも何度も生き返るゲームに慣れ、壊れればすぐに新しい物を買ってもらえる子供たちは、一度失ったら二度と戻らないものが存在することが、信じられないのだろうと。

 本書の最大の読みどころは、05年4月のJR福知山線脱線事故によって突然、降りかかった死だ。取材班は1年以上もの長い期間、遺族に寄り添い、心の叫びをくみ取る地道な取材を積み上げてきた。信頼を勝ち得た取材班は、ひとりの遺族から日記をみせてもらう。大学生の長女を亡くした51歳の男性のものだ。

 この父親が怒りの矛先を向けるのは当然、JR西日本だが、その一方で、事故から1年以上経ってなお、自分自身を責め続けている。

 「なんであの電車に乗せてしまったのか」「あの朝、もっと早く起こしていれば……」「いや、もっとゆっくり送り出していれば……」と思いは乱れ、あげくに「こんなところに家を建てなければ娘はあの電車に乗ることはなかった」とまで思い詰める。

 朝、普段と同じように家を出た子供が、突然の事故に巻き込まれ、二度と帰ってこない。そのときの親の心境を赤裸々につづった日記には、ひとりの親として、私も胸が詰まった。そして取材班はこう問いかける。

〈死とは死者の問題だろうか。それともこの世に残された人々の問題だろうか〉

 とりわけ「自殺」は、残された家族にとって最もつらい死だろう。本書によれば、05年の自殺者は全国で3万2000人を超え、16分に1人が自殺をしている計算になるという。

コメント10件コメント/レビュー

人は使命を持って生まれてきます。殺す人がそれを知らないだけですよ。一人で生きてると勘違いする奴もいますね。戦争も人間だれかのエゴから生まれてるはず。人間から生まれている事を、人間が制御出来ないのが悲しいですよね。子供時から、ちゃんと教育してあげれば、報復という二字も別の形にできると信じます。(2007/12/20)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人は使命を持って生まれてきます。殺す人がそれを知らないだけですよ。一人で生きてると勘違いする奴もいますね。戦争も人間だれかのエゴから生まれてるはず。人間から生まれている事を、人間が制御出来ないのが悲しいですよね。子供時から、ちゃんと教育してあげれば、報復という二字も別の形にできると信じます。(2007/12/20)

属する集団内での殺人はその集団を崩壊させます。集団なしの単独では人類は生き残られません。集団内での殺人を容認する集団は生き残りません。過去数万年の時間生き残ってきたのは、それを構成している人同士は殺し合いをしない集団だけです。だから「人を殺すな」というルールが出来上がったのです。このルールは他の集団の人を殺すことまでは禁止しないので、社会同士の争いである戦争で人を殺すことは問題とはなりません。現在では、もともとは「同一集団内の人」を対象としていたのが拡大して人類一般を指すようになってしまっているので戦争とは矛盾すると思う人が増えているようですが。(2007/12/20)

なぜ人を殺してはいけないのか=なぜ自殺してはいけないのか、とも考えられるでしょう。私はこの10年ほど死ぬのが怖いと思ったことがありません。むしろ死にたいと毎日思って生きています。それでも死なないのは、死ぬ勇気がないからなのか、あるいは家族のために生きなければいけないからなのか、ずっと考え続けてきました。でも、たとえどんなに辛くても、この世に生まれたら、親より先に死んではいけないのだ、と信じています。それを頼りにこれからも頑張って生きていく覚悟です。私より若くして亡くなる人は沢山いるのに、私はまだ生きていかなければならない。私が今こうして辛くても生き続けなければいけないのは、前世で何か重大な過ちを犯した罪なのかもしれません。そう思うしかないのではないでしょうか。(2007/12/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問