• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたより長生きする彼女の『おひとりさまの老後』
~女性が「ひとりで生きる」ための知恵・準備・覚悟

  • 荻野 進介

バックナンバー

2008年1月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

おひとりさまの老後

おひとりさまの老後』上野千鶴子、法研、1400円(税抜き)

 昔から後家楽(ゴケラク)という言葉があるらしい。うるさい夫に先立たれたものの、生活の心配はなく、わが世の春を謳歌している女性を指す。うらやましいと思ってしまう女性(ひと)が多いのでは。ゴケラクは「ご気楽」に通じるというべきか。

 この後家楽に限らず、離婚・未婚含め、シングルの高齢女性たちがこれからますます増える。平均寿命から考えれば男より女のほうが長生きだし、少子化のいま、育児期間も短くなった。女性にとって、夫や子どもと一緒に“家族する”期間がどんどん短縮しているからだ。

 妻として、あるいは母としてどう生きるか、という本は汗牛充棟、限りなくある。しかし、老後を女性がひとりで暮らすためのノウハウ本が不足しているのではないか。日本のフェミニズム研究のパイオニアであり、舌鋒鋭い書き手としても知られる著者が、そんな問題意識から書いたのがこの本である。発刊以来3カ月で17刷というベストセラーだ。

 シングルライフへのいざないから始まり、住居の問題、友人・知人との付き合い方、おカネ、介護、遺言、財産分与、終末期の迎え方と、一通り、かゆいところまで手が届く内容だ。著者自身、現在59歳で自称“負け犬”(結婚しない女)のひとり。シングル歴は長い。しかも近年は社会学者として高齢者の介護問題に関わっているからか、理論と実践、双方の内容が充実した、「ひとりで生きる」ためのガイドブック兼思想書なのだ。

住むならばワンルーム

 まず、おひとりさまはどこに住むべきか。LDKよりワンルームがいい。部屋が複数あると、デッドスペースが増え、物置と化すのが関の山だからだ。最近では、シングルの高齢女性のための協同居住型集合住宅(コレクティブハウス)も増えている。

 容易に想像できるが、おひとりさまにとって切実なのが友人関係である。なかでも、一緒にごはんを食べる相手がいるかどうかが極めて切実な問題だ。一緒にいて楽しい人であるのが第一条件。口数はむしろ多くなくて、おだやか、他人の話をよく聞いてくれ、要所でぴりりと反応してくれる人がそれ。話題が豊富で自分ばかりしゃべっている人はごめん被りたい。必要なときに駆けつけてくれ、さみしいときは支えてくれ、慰めてくれる友人をもっておくには努力もメンテナンスも必要、という主張はその通りだろう。

 介護の項では、いかに介護を受ける状態を避けるか、という考えが蔓延している状態に著者は異議を唱える。死の前日までピンピン元気で、ある日コロリと逝くのが老いと死の理想だというPPK(ピン・ピン・コロリ)思想をファシズムに近いものとして糾弾し、介護される側になったら、堂々と勇気をもってそれを受け入れよ、と説く。

 そのために必要なのが、プロの介護を受け入れるマナーとノウハウだ。

コメント3件コメント/レビュー

「PPK思想」面白い!私の母も、「死ぬ時はポックリ死にたい」とよく言ってます。痴呆で何年も入院してる叔母が居ますが、一緒にお見舞いに行った時、何が怖いのか、母は、つないでいた私の手をぎゅっと握ってきました。この時、母の胸に去来する想いは何だったんだろう?孤独死の件も、精神的自立ができない男性諸氏に向けた言葉も痛快で気持いいですね。読んでみたい。私も、ニュースなどで、さも悲壮感溢れる口調で「老人の孤独死」を取り上げるのは、いかがなものか?と思ってました。「なんで?見取る人が居ようが居まいが、人間、みんな、一人で生まれて一人で死んでいくんじゃん」と思ってました。例え、結婚してたって、子供に恵まれない人だっているし、その場合、両方、同時に死ぬなんて事の方が珍しいんだし、どっちか片方が、孤独死って形になるのは、致し方なしと思っていたので。コレクティブハウスなどは、良いなぁと思うので、安価に利用できるシステムなどが、出来ると良いですね。まぁ、これも健康であれば利用できるんだと思いますが。(2008/01/09)

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「PPK思想」面白い!私の母も、「死ぬ時はポックリ死にたい」とよく言ってます。痴呆で何年も入院してる叔母が居ますが、一緒にお見舞いに行った時、何が怖いのか、母は、つないでいた私の手をぎゅっと握ってきました。この時、母の胸に去来する想いは何だったんだろう?孤独死の件も、精神的自立ができない男性諸氏に向けた言葉も痛快で気持いいですね。読んでみたい。私も、ニュースなどで、さも悲壮感溢れる口調で「老人の孤独死」を取り上げるのは、いかがなものか?と思ってました。「なんで?見取る人が居ようが居まいが、人間、みんな、一人で生まれて一人で死んでいくんじゃん」と思ってました。例え、結婚してたって、子供に恵まれない人だっているし、その場合、両方、同時に死ぬなんて事の方が珍しいんだし、どっちか片方が、孤独死って形になるのは、致し方なしと思っていたので。コレクティブハウスなどは、良いなぁと思うので、安価に利用できるシステムなどが、出来ると良いですね。まぁ、これも健康であれば利用できるんだと思いますが。(2008/01/09)

こういう本を最近けっこう見かけるが、身につまされる内容なので逆に読んでない。みんなけっこう冷静なのかなあ。でも死んだらすぐ所持品がすべて処分され忘れられていくだけというのも哀しすぎる。だから子供を持つのかもしれない。孫と楽しそうに過ごす祖父祖母を見ると、自分の遺伝子がしっかり残っていくことを確認して死ねるだけで幸せなのだと感じる。(2008/01/09)

フェミニストのバイアスさえ除けば、良い本のように感じました。それにしても、男女の二分法に拘り、男は競争相手であって、男女で協力してより高いものを目指そうという気概のない上野女史には毎回あきれるばかりですが。(2008/01/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長