• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

DS、PSPがテレビから(さらに)奪うもの

2008年1月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本市場での携帯ゲーム機の勢いは、もはや「異常」といっていいレベルになりました。ニンテンドーDS(以下DS)の普及台数は2000万台を悠々と突破。ゲーム機として過去に例のない数字を達成しつつ、いまなお他のゲーム機を圧倒するペースで売れ続けています。

 プレイステーション・ポータブル(以下・PSP)の普及ペースも順調です。普及台数は、およそ750万台といったところ。こちらも、いまなお勢いを止めることなく売れ続けています。

 DSとPSPを合計してみると、発売から3年で2700万~2800万台の普及を達成したことになります。

 これは、とんでもない数値です。

 たとえば、ここ数年間の、年間のテレビ出荷台数は800万~900万台です。テレビそのものの総普及台数は1億~1億2000万台だといわれています。つまり、携帯ゲーム機という名の「モニターがついている機器」は、テレビの販売台数よりもハイペースで普及し、いまではテレビの総普及台数の4分の1に迫っているのですね。まさしく「異常」なペースであることが、おわかりになるでしょう。

DSとPSPのさまざまな活用法

 この「異常」な普及ペースを見て、携帯ゲーム機の周辺では、さまざまなビジネスが動き出しました。すでに表面化しているものを紹介するだけでも、以下のように多種多彩になります。

【教育】
 「携帯ゲーム機を教育に活用する」のは、もはや珍しいものではなくなりました。学習用ソフトは、すでに何十種類も発売済みです。英語検定や漢字検定などを題材にしたソフトの中には50万本を突破したものもあり、これは立派なスマッシュヒット。教科書をまるごと取り込んだソフトや、学習参考書として使用するソフトなども登場しています。学校などの教育機関で、DSを利用する例も出てきています。
【観光ガイド】
 街のデータなどを収録し、観光に役立つソフトも目立ってきました。その代表がスクウェア・エニックスの「地球の歩き方DS」シリーズでしょうか。他にも、美術館・博物館などの作品解説でDSを活用したところもあります。いずれは、駅前で観光データを配信したり、ショッピングモールで商品情報を配信するなど、さまざまな構想が進んでいるようです。
【地図】
 観光ガイドをもう一歩進め、GPS(Global Positioning System。人工衛星を利用して現在位置を知るシステムのこと)を利用した地図ソフトもあります。この分野ではPSPが大きくリード。PSP専用GPSレシーバーを利用した地図ソフト「みんなの地図」シリーズなどが発売済み。他にもゴルフ場のデータを収録した「みんなのゴルフ場」などもあります。
【映像配信】
 PSPは、当初から動画や音楽データをメモリースティックに保存し、閲覧することが可能な設計になっていました。DSでも、大日本印刷とam3が提携し、ニンテンドーDS向けの出版・映像コンテンツのダウンロード配信事業「DSvision」が2008年3月から開始されます。ゲーム以外のあるゆるコンテンツが、インターネット経由でDSにダウンロード可能になります。
(C)2007 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved. Design and specifications are subject to change without notice.

(C)2007 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved. Design and specifications are subject to change without notice.

【ワンセグ放送受信】
 DSもPSPも、いまではワンセグ放送を受信できます(DS用の「ワンセグ受信アダプタ DSテレビ」はオフィシャルサイトでのオンライン販売のみ)。画質のよさを求めるならPSPの「ワンセグチューナー(PSP-S310、写真)」のほうがいいでしょう。やや性能が上です。ただし、こちらは2007年9月発売の「PSP-2000」専用で、それ以前に発売された旧型の「PSP-1000」には未対応。チューナーを購入する前には、PSPの型番確認をお忘れなく。

 ここに紹介したのは、ほんの一例に過ぎませんが、さまざまな分野で携帯ゲーム機が活用されていることがおわかりになるでしょう。かつて例を見ない新しいビジネスが、全世界に先駆けて、日本で始まろうとしているのです。

コメント7

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「DS、PSPがテレビから(さらに)奪うもの」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック