• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ティーンエイジャーのプロ転向 ― ミッシェル・ウィー

Am I the mistaken exception? (私は特別な“選ばれし者”じゃないのね)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2008年1月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ミッシェル・ウィー

Am I the mistaken exception?

― ミッシェル・ウィー

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 去る1月10日に石川遼のプロ転向記者会見が開かれて以来、日本のメディアはこの話題で持ち切りだ。日本のゴルフ史上最年少の16歳でプロ転向というビッグニュースに集まった報道陣は300人超。そのフィーバーぶりは、天才少女と謳われたミッシェル・ウィーのプロ転向会見のそれとそっくりだった。

 2005年10月。16歳の誕生日を目前に控えた15歳でプロ転向したウィーは、故郷ハワイで記者会見を開き、米本土の主要なメディアたちは続々と海を渡ってウィーのもとへ駆けつけた。

 だが、石川会見とウィー会見には実は大きな違いがあった。それは、アマチュアからプロへ転換するにあたり、当然アピールされるべきビジネス上の「区切り」が、石川会見には不足しており、ウィー会見にははっきりと見て取れたという点だ。

 プロ転向した以上は賞金を稼ぎ、ランキングを上げていかなければ生き残れない。プロとしての「商品価値」を向上させるアピールも不可欠。その対策としてウィーは世界屈指のデビッド・レッドベターを専任コーチにすると発表。さらに、ナイキと用具契約を結び、ソニーとスポンサー契約を結んだことも発表した。

 そして、米メディアたちを驚かせたのは、アスリートのマネジメント会社として世界中にネットワークを広げるIMGとは契約せず、ハリウッドスターのマネジメントを得意とするウイリアム・モリス・エージェンシーと契約したという発表だった。

 プロとしての活動の仕方をきっちり伝えたウィー。その用意周到ぶりには「まだ15歳」という年齢を超えたオーラが溢れ返り、彼女が「特別な存在=ビッグスター」として扱われる妥当性が十分に見て取れた。

 だが、そんなウィーでさえ、わずか2年後にこんな言葉を発したのである。

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長