• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

和をもって、属さず~『非属の才能』
山田玲司著(評:三浦天紗子)

光文社新書、700円(税別)

  • 三浦 天紗子

バックナンバー

2008年1月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間40分

非属の才能

非属の才能』山田玲司著、光文社新書、700円(税別)

 非属の才能──挑戦的かつ、そそるタイトルに惹かれて手に取ろうとしているあなた、ちょっとお待ちを。本書はかなり、読む人を選ぶ本である。

 まず、絵に描いたようなエリート人生を歩んでいる人、そして「オレの人生、そう悪くないよな」と8割方満足している人には、本書は必要なし。ここに書かれている種類の苦悩にはあまり縁がなかったろうし、あったとしても、すでに自分なりに乗り越えてしまった後だろうから、釈迦に説法だ。

 また、住む土地や学歴、持ち物などにいわゆるブランド志向が強く、「それを手に入れることも幸せのひとつじゃない?」と思っている人には、本書はおすすめできない。著者は、〈自分でものごとの価値を決められないから、ブランドのタグに頼らざるを得ないのだ〉と頭ごなしにブランドを否定しているので、その物言いにカチンと来るに決まっている。

 とするなら、本書に向く人とは?

 本書ではまず、右へ倣えを強要する学校という場の理不尽さが述べられていく。

 教師が生徒という群れを管理しやすいように、何かにつけ同調を求めてくるのが学校社会で、教師は毎日のように「これが正解」「これがふつう」という同調を押しつけてくる。その同調圧力を教師は本気で“協調”だと誤解しているために、圧力に屈しない人間は、閉塞感を抱えて孤立していくか、群れから追い出されるかしかない。

 著者にとって学校はよほど居心地が悪かったのだろう、〈傑物は、学校という群れのなかでは生まれにくい〉とまで言い切っている。

 その前提を踏まえ、歴史を変えてきたのは常に群れに安住しなかった人たちだった、非属こそが世の中を変えていく力になる、というのが著者の弁。

 非属とは、〈どこにも属せない感覚〉を意味する。あなたがクラスメイトや同僚からちょっと浮いているのは大いに結構。本当の才能や独創性は、一から十まで周囲と合わせることに違和感を持つような気質から生まれてくるからだ、と著者は言う。

 だが、非属の才能の持ち主としてサンプルに挙がっているのは、古今東西のビッグネームばかり、という点が引っかかる。

誤った思い込みを強める危険をはらむ。が、

 そこに名を連ねるイチローは、子ども時代から友だちと遊ぶより野球の練習をしていたような、無類の努力家として知られている。iPodの生みの親スティーブ・ジョブズは、彼自身が創業したアップル社を一度追放されもした。アップル社に舞い戻ってからの活躍はいっそう目覚ましいが、決して彼自身が進んで非属になりたがったわけではない。

 言うまでもないが、彼らの今日の成功は、非属の才能以外の部分も大きいはずである。それをひっくるめて非属の力だと説明されても、所詮結果論ではないかと言いたくもなる。

 なにしろ著者自身が、学校では無能のレッテルを貼られたものの、周囲の反対をものともせずマンガを書き続けて、見事マンガ家になった人である。恋愛マニュアルを風刺したマンガ『Bバージン』をヒットさせ、『絶望に効くクスリ』でインタビューマンガというスタイルを発明した。

 そんな経験から、著者は学校や親や社会が押しつけてくる「普通」や「常識」といったムラの掟は受け流せばいい、〈自分の中の“非属の才能”を信じること〉が大切なのだと語るわけだが、どこか“異端を生きて成功した人の自慢話”のようにも響いてしまう。

 第一、こうした論理展開は、諸刃の剣だ。

 自分が孤立しているのは非凡さの証なのだと、あるかないかわからない才能を夢見させてしまい、かえってがんじがらめになってしまう人も出てくるだろう。

 反対に、学校のような閉鎖的な空間で苦もなく協調できる自分は、そもそも突出した何かがないからだと誤解し、奥底に眠る才能を埋もれたままにしてしまう可能性もなきにしもあらずだ。

 さて、ここまで辛口に書いてしまったけれど、本書の後半、第5章以降で展開される非属のすすめは、なかなかユニークだ。

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授