• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大カンバック男の強さ ― スティーブ・ストリッカー

It's just the nature of the game. It has its ups and downs. (いい時もあれば悪い時もある。それがゴルフだ。)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2008年1月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スティーブ・ストリッカー

It's just the nature of the game. It has its ups and downs. ― スティーブ・ストリッカー

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 「王者タイガー・ウッズでさえも、この記録だけは破ることができない」と、米メディアたちが絶賛している大記録がある。

 米PGAツアーは傷病や不調からの大復活をやってのけた選手にカンバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーというアワードを毎年贈っており、2007年の暮れに受賞者に選ばれたのは40歳の米国人、スティーブ・ストリッカーだった。

 幾度にも渡る不調と復活を繰り返してきたストリッカーは、実を言えば、06年にもこの賞を受賞しており、2年連続の選出は史上初。2度目の受賞も史上初。ストリッカーほどの浮き沈みを経験しそうにないタイガーは、それゆえ「ストリッカーのこの記録を破ることができない」と、半ば冗談交じりに言われているわけだ。

 成績が急上昇したと思えば急降下。英語では、そんな歩みを「ローラーコースターのようなゴルフ人生」と表現することが多く、ストリッカーの歩みは、まさにそれだ。

 1993年に米ツアーデビュー。翌年以降、賞金ランク50位、40位と上昇し、96年には4位まで昇り詰めた。しかし、その翌年は130位でシード落ちし、Qスクール(予選会)へ逆戻り。それでも自力でツアー出場権を取り戻し、再びトップクラスへ返り咲き。

 上がったり下がったりを繰り返しながらツアーに出続けてきたが、06年はとうとうスポンサー推薦に頼る以外に出場の道がなくなった。だが、ここで再び底力を発揮し、賞金ランクを162位から34位へアップさせて初のカンバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー受賞となった。

 そして昨年はザ・バークレーズで6年ぶりの優勝を飾り、賞金ランクは4位へ急上昇。さらには、昨年から導入されたフェデックスカップポイントレースでもタイガーに次ぐ2位に輝くなどの活躍ぶりが高く評価され、2年連続2度目のカンバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー受賞とあいなった。

 米メディアは、いつもちょっぴり意地悪な質問で攻めるもの。風変わりな新記録を達成したストリッカーに対しても、ベタ褒めするのではなく、「また今度、いつ不調にならないかって不安はないの?」と、ネガティブな側面から彼の心情を探りに出た。

 すると、ストリッカーは、こう答えた。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO