• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「帝王のもう1つの顔」ジャック・ニクラス(後編)

2008年1月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ジャック・二クラスがゴルフを覚えたのは、ドラッグ・ストアを経営する父親がメンバーだったオハイオ州アクロンにある『サイオトCC』だった。

 ドナルド・ロス設計で1916年にオープンしたコースはオーソドックスな林間コースであったが、二クラスが10代の頃、改造計画が持ち上がり、クラブはディック・ウイルソン(『ドラールCCブルー・コース』が代表作)に改造設計を依頼した。

 職人肌で酒好きのウイルソンは弟子のボン・へギーとジョー・リーを助手に使って改造したのだが、その工事現場をいつもウイルソンの傍で見学していた二クラスにとっては、我慢の出来ないことがあった。それは、アウトとインそれぞれの9ホールに一貫性がなくなり、バランスが悪くなったことだった。

 「コース設計とはなんと重大なカギを握るものなのか! デザイナーの考え方ひとつでコースの景観も戦略性も一変することを知ったのがこの時だった」(『ゴルフ・ストーリー』二クラスの自伝より)と述懐する。10代の頃からコース・デザインに興味を持っていたのだ。

キャッスル・パインGC

キャッスル・パインGC

 “帝王”と呼ばれてスーパースターになった70年代、ツアー活動の傍ら設計の勉強を始める。それも、その時代の第一人者について実地に設計術を学ぶ方法だった。このあたりに“帝王”二クラスの面目躍如たるものがある。すべてに優等生で、一流志向なのだ。

 白羽の矢を立てたのは同郷の設計家で、売り出し中のピート・ダイ。彼がオハイオ州コロンバスに『ザ・ゴルフクラブ』(ベスト・コース100選の57位)を造成中、27歳のニクラスに意見を求めたからだった。

 ダイと二クラスはともにアマチュア時代からの顔なじみで、57年のトランスミシシッピー・アマ選手権の準決勝で戦った間柄だ。32歳のダイに16歳の二クラスが3&2で勝ったのは当然の結果だったが。

ハーバータウンGL

ハーバータウンGL

 『ザ・ゴルフクラブ』が縁となって、次には『ハーバータウンGL』(ベスト100の65位)の共同設計者になる2人だが、二クラスの役割はプレーヤーとしての意見具申だった。それでも、何事にも真面目に取り組む二クラスは1年間に23回も造成現場に足を運んだというから凄い。

 この頃から、二クラスはデザイン会社を起こし、チームで世界中に設計する計画を立てていたらしい。だから、ダイに共同で事務所を設立しようと持ちかけるが、職人気質のダイは独りで造成に取り組む姿勢だったので、やんわりと断っている。

「Human Inside--ヒューマン・インサイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長