• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「クオーターバック」と「天秤打法」と「スイング」と

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2008年2月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

小田嶋 今、岡が社長をやっている(注・TUGBOAT代表取締役社長)、というのは僕にとって、結構びっくりすることなんだよね。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏

クリエイティブディレクター 岡 康道氏 (写真:大槻 純一、撮影協力:「Cafe 杏奴」)

 何で?

小田嶋 だって、そういうタイプじゃないもん(笑)。

 でも、会社の中では、僕が一番年上だから、しょうがないんだよ。

小田嶋 一番年上だから社長なのか。そうか。だって、岡は、そもそも親分肌というタイプじゃ全然ないわけよ。

 そうだよね。

小田嶋 それ以上に子分肌なんかでは金輪際あり得ない。強いて言えば、「自分肌」ぐらいでしょう。この世に我1人あり、我は行くみたいな、そんな感じじゃないですか。だから、誰かとちゃんと会社をやって、上司なり、部下なりという秩序が形成できるのかというのは、オレにとってかなり疑問なことだった。サラリーマンで会社にぶら下がって、何とかごまかしていくことは可能だとしても、会社をやれるとは、俺はとても思えなかったんだよ。

 TUGBOATには、上司とか部下とかはないんだよ。

小田嶋 じゃあ、わりと水平な関係でやっているのか。

 そうだよ。だって設立メンバーの4人は社員じゃないからね。株主ですから。

小田嶋 俺も一時期、株主会社をやっていたことがあるんだよね。

―― えっ?

小田嶋さんの「青年実業家」時代

小田嶋 ライターを始めたばっかりのころ。友達と3人で株式会社を作ったんですよ。全員役員で、だから、税金ばっかり払っていて、人から“愛国企業”と呼ばれていた。

 一体、誰と一緒に設立したんだ?

小田嶋 東大を出たやつと絵描きの息子だったやつと3人で、社長と専務と常務になって、赤坂の知り合いの事務所に電話だけ置かせてもらって。当時、ちょうど30歳のちょっと前。僕は、株式会社の専務で、事務所は赤坂だという、そういう青年実業家の時代があったの(笑)。

 でも、そのころって、株式会社の設立資金は1000万円が必要だったでしょう。

小田嶋 いや、200万円でよかった。その後すぐに1000万円になっちゃったんだけど。

 で、今は1円になったんだよね。

コラムニスト 小田嶋隆氏

コラムニスト 小田嶋隆氏

小田嶋 俺に本を書けって言ってきた銀行員みたいな人がいて、来年から資本金が1000万円になっちゃうから、今のうちに会社を作れってそそのかされたの。その人は、俺が発起人になってやるし、事務所も貸してやる。税理士もタダで回すぞ、と言ってきてね。彼の思惑では、我々を取り込んで、何か、もう少し大きいことをやりたかった。でも、その人は詐欺師みたいな人で、50億円も借金を作って、どこかに消えてしまった。

 うーん。それは消えるだろうな。

小田嶋 いや、ちょっとした人だったんですよ。(会社は)まだ登記上は残っていると思うんだけどね。

 どのくらい働いたのか。

小田嶋 3年ぐらい活動したかな。

 儲かった?

小田嶋 もう、全然、全然。3人で売り上げたのを足すと、結構税金を払うことになっちゃう。弁護士をやっている友達に聞いたら、お前、これは納税企業じゃないかって(笑)。

 でも、税金を納めるということは、利益が上がっている証だから、ちゃんと活動していたということになるんじゃないか。

小田嶋 そう。でも、会社を休眠させてフリーに戻った時、確定申告すれば、こんなに税金は戻ってくるのかと思いましたよ。

 節税どころか、増税しちゃったんだね。

小田嶋 社長と呼んでいたヤツが、東大を出たヤツなんだけど、そいつが見積もりが得意でね。ほら、俺たちのような文筆業の見積もりって、何の基準もないようなものじゃない? で、そいつが見積もりの場で何をするかといると、何もしない。うーん、と黙っているだけ。普段からすごく口の重いヤツで、相手が、どうでしょう、これぐらいで、と言うと、うーんと黙っている。うーんと言っていると、ギャラが上がっていくんだよ。別に交渉とか駆け引きでやっているわけじゃないんだけど、すごいな、こいつ、と俺は思ったね。

 黙ることって、やっぱり相手を凍りつかせちゃうからね。余計なことを言っている方がラクなところもあるよな。

小田嶋 黙るってある種の能力だな、って思ったよ。

 でも、その人はそんなこと考えてないわけでしょう(笑)。

「節税なんてくだらないことより、もっと仕事をしよう」

小田嶋 全然。というか、そいつはちょっと本当に変わったヤツで。専務と常務は、我々も、もう少し節税をしようじゃないかと。経費を使おうじゃないかと。そんなことをいろいろ言うんだけど、社長は、そういうくだらないことを考えるのはやめようよ、と言うような人で。節税のために、伝票を集めたり、レシートをどうかしたりするような労力があるなら、その分、仕事に傾けて余計に稼げば、そっちの方が生産的だろう、なんてことを言うんだよ。

 言われてうなずくようなお前でもないだろう。

小田嶋 ああ。ただ俺も、レシートを集めるようなことが恥ずかしくて。知恵を付けてくれる人がいて、給料を出す時に全部基本給にしちゃうと、すごい勢いで税金が取られちゃうよ、だから君たちの場合は基本給を少なくして、何とか手当てにした方がいいよ、とか、利益が上がってボーナスとか出すと、それは税金がかかることになるから、なるべく利益を出さないようにした方がいいよ、とか。で、社長は、そういうくだらないことをやるのはやめようよ、という話で、何だかあれでしたね。

コメント1

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長