• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ゴムひもの限界点――アニカ・ソレンスタム

It's a little light in the tunnel. (トンネルの中に小さな光が見えた)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2008年1月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アニカ・ソレンスタム

It's a little light in the tunnel. ― アニカ・ソレンスタム

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 人間が残酷なのか、それとも好奇心を煽りたがるマスメディアが残酷なのか。栄華をきわめたビッグスターの転落物語は、いつの世も人々の注目を集める。

 米女子ゴルフ界で女王の座に君臨し続けてきたアニカ・ソレンスタムの転落は、アメリカのみならず世界のメディアの恰好の餌食となった。95年の全米女子オープン優勝以来、毎年最低2勝以上を挙げ続け、02年は年間11勝、05年は10勝と圧倒的な強さを誇ってきたソレンスタム。賞金女王に輝くこと8回の実力者は「女性版タイガー・ウッズ」の異名を取りながら、11年間の長きに渡り、最強のオーラを放ってきた。

 しかし、06年は3勝を挙げながらもメキシコ出身の新鋭ロレーナ・オチョアに女王の座を奪われ、昨年は未勝利で賞金ランクは25位へ一気に転落。ソレンスタムが年間1勝もできなかったのは、95年以来、初めての出来事だった。

 「栄枯盛衰のストーリー」「アニカ時代の終焉」――新聞や雑誌に躍ったそんな見出しは、まだ“かわいい”ほうだった。離婚後、新たな恋人と再婚したソレンスタムに対し、「もう、ゴルフでは生きていけそうもないから、プロゴルファーから『女』へ転身するつもりだ」などとセクハラまがいの記事まで出回った。フロリダ州内のゴルフ場に自らの名を冠したゴルフスクールを創設したと発表したら、「今後は賞金による収入が激減するから、余生に備えてビジネスに走り始めた」と書き立てられた。どの記事も彼女の引退を示唆する方向へ走っていた。

 そんな中で、ソレンスタム自身は一体何を思っていたのか――。米ツアーの試合会場で開かれた記者会見では「勝てなくても手ごたえはあった。今年は、とってもいい年です」などと本心ではないことが見え見えのコメントばかり。自らの胸中をきちんと言葉にしなかったために、周囲の穿った見方ばかりが独り歩きをしていった。

 だが、昨年末、中東の地で開かれた欧州女子ツアーのドバイ・レディス・マスターズで、その年初の優勝を手に入れたソレンスタムは、こう言ったのだ。

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授