• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

モントレーのもう1つの愉しみ

  • 弘兼 憲史

バックナンバー

2008年2月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 初めてメジャートーナメントを見たのは、1992年の全米オープンだった。場所は、ぺブルビーチ。ゴルファー憧れのコースである。

 サンフランシスコからレンタカーでモントレー半島まで向かう。その道すがら少し寄り道をしてスタンフォード大学を通り過ぎ、180キロメートルほどのドライブをしてモントレー半島に着いた。

 私たちが泊まったホテルは、メディア指定の宿で、モントレーの町の先に位置するフィッシャーマンワーフだった。ちょうど半島を1周すると17マイルあることから名付けられた17マイルドライブに入って行くとぺブルビーチ、そしてスパイグラスヒル、スパニッシュベイ、ポピーヒルス、そしてサイプレスポイントとゴルフコースがある。

 有名なカーメルという小さな町は、フィッシャーマンワーフとは反対側の太平洋岸にある。驚いたのは、少し歪んだ碁盤の目のような町の道路には信号がなく、自然を中心に町が形成されていると感じたことだ。

 きっとこの半島で生きている主人公は、森の木々であり、草花であり、野鳥、リス、鹿という動植物なのだ。道路は、大きな木をやたら伐採して強引に道を敷くのでなく、むしろ大木に遠慮がちに迂回している。

 それでも乱開発の勢いが強くなって、ついには世界的に有名なハリウッドの俳優クリント・イーストウッドが、市長に立候補して、自然保護を訴えて当選した。そのイーストウッドが個人の資産を投じて土地を買占め、そこの自然を保護している。

 トーナメント取材中の1週間、私たちは美味しいシーフードとワインを堪能した思い出がある。

 このモントレーの近くには、カレラとモーガンのワイナリーがある。カレラは、ピノ・ノアールが有名である。このカレラが誕生したことで、カリフォルニアのピノ・ノアールの評価は、大きく変わったといわれている。いまではブルゴーニュ・ワインを凌ぐ人気とも言われている。

 モーガンは、シャルドネが有名だ。そしてシーフード料理にもよく合う。リーズナブルなプライスだし、港町のレストランで、暮れゆく海の景色を眺めながら楽しんだことが、いまでも忘れられない。ワインは、誰と、どんな風景で、どんな食事で、どんな時間を過ごしたかで、心に残る味わいがある。

「弘兼憲史のゴルフ&ワイン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長