• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

近代の希少な戦士 ― ローリー・サバティーニ

Tiger is more beatable than ever. (今こそ、タイガーを倒す好機だ)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2008年2月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ローリー・サバティーニ

Tiger is more beatable than ever.

― ローリー・サバティーニ

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 往年の名選手、ゲーリー・プレーヤーから聞いたこんな言葉が忘れられない。「最近のプロゴルフ界には戦士が少なくなった」。プレーヤーだけではない。シニア世代の熟年選手たちは、今を生きる若い選手たちの恵まれ過ぎた環境が彼らをスポイルしているのだと嘆く。

 年々高額化する賞金やスポンサー契約で潤う若い選手たちは、シード権さえ維持できれば満足という面が確かにある。彼らの笑顔が曇るのは「家族と過ごす時間が欲しい」「自由が欲しい」「コースやトーナメント主催者側の対応が悪い」等々、文句を言うときだけ。

 「オレたちが若いころは、家族を食わせるために孤独な戦いを強いられた。優勝する以外は赤字なんてこともあった。賞金は生活費や転戦費用そのものだった。でも、今の若い選手たちは賞金が高額で、賞金以外にも高額な副収入があるから贅沢になっている。だから、生きるか死ぬかの戦いに挑む戦士が見当たらない」。熟年選手たちが淋しがるのも頷ける。

 そんなふうにスポイルされているせいなのかもしれない。王者として君臨し続けるタイガー・ウッズに対し、面と向かって宣戦布告ができる選手があまりにも少ない。だからこそ、南ア出身のローリー・サバティーニ(31)が吐いた一言は、ゴルフ界全体を驚かせる大騒動になった。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長