• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

過疎と過密を行き来する人たち

新潟県・松之山【11】

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2008年2月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 俳優の菅原文太さんが筆者に「なぜ戸邊さんを追うようになったのですか」と問うた。偶然に出会ったその日に、何かを為す人と直感したと答えた。間もなく、戸邊さんと菅原さんの対談が始まった。テーブルの上には当コラムのコピーがずらっと並べられている。

 菅原さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組の収録は、戸邊さんの母親の思い出話から始まった。

「勝手に決めないで」と妻に釘を刺された

 戸邊さんとラジオ局の社屋を出て、有楽町界隈を歩いた。

 「今朝はきのうの雪のためにJRのダイヤが乱れていて、ラジオ局との約束の時間に遅れるのじゃないかと、ちょっと心配しました」

 豪雪地から上京してきた戸邊さんが、わずかな積雪を観測して混乱する都市機能を嘆いた。そして、「都会は消耗します」と、かつては東京の大学に通った人とは思えない物言いをする。すっかり越後の山間の自然児になったということだろうか。

 「昨日、木村さん(仮名・前々回紹介した戸邊流の自給自足を模索するデパート勤めの会社員)と話しながら、彼のやる気が伝わってきました。今月半ば、予定通り家族4人でうちに来ます」

 戸邊さんと木村さんが初対面した千葉県市川市のファミリーレストランに、筆者も同席させてもらった。“戸邊秀治の生き方”を、戸邊さん本人から聞きながら、木村さんの双眸は輝いていた。いまだに奥さんの理解は得られていないものの、今の生き方を変えたい、という願望は、いささかも変わっていない。

 ただ、戸邊さんに会いに行く木村さんに奥さんは「勝手に決めないで」と釘を刺したという。木村さんは「もちろん、妻を無視してできることではありませんから」と説明した。その言葉を受けて戸邊さんが言う。

 「家族の理解がなければ難しい。ぼくの周囲に、ぼくのようなやり方をする5反百姓が増えればいいと思うけど、仕事は家族で分担するのが理想です」

優良企業に勤めながらなぜ…

 戸邊さんにしても木村さんにしても、大学を卒業して就職した会社は国内では優良企業。世間並みに暮らすには何不自由なく生活できるはずだ。そこからわざわざ、終着駅のない道を選ぶというのだから、筆者としては余計な心配もしたくなる。

 菅原文太さんも、なぜ安泰な道を捨てたのか、と疑問を戸邊さんに投げかけていた。目的地までのキップを買い、新幹線に乗車することができたのに、なぜ途中下車をし、わざわざ鈍行列車に乗り換える必要があったのかと…。

コメント4件コメント/レビュー

松之山で行われている米づくりは、非常にすばらしいものだという事は理解しました。しかしこのシリーズを読み続けていて、以下の疑問が消えません:1.日本全国で、同じ米作りができる地域はどれだけあるか?2.この米作りで、日本の人口1億2千万人を養えるのか?3.1俵18万円の米を買えない人達は、何を食べれば良いのか?つまり、戸邊さんのモデルは農村再生のモデルにはなっても、食糧自給のモデルにはならないのではないかという疑問です。(2008/02/09)

「地方再生物語」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

松之山で行われている米づくりは、非常にすばらしいものだという事は理解しました。しかしこのシリーズを読み続けていて、以下の疑問が消えません:1.日本全国で、同じ米作りができる地域はどれだけあるか?2.この米作りで、日本の人口1億2千万人を養えるのか?3.1俵18万円の米を買えない人達は、何を食べれば良いのか?つまり、戸邊さんのモデルは農村再生のモデルにはなっても、食糧自給のモデルにはならないのではないかという疑問です。(2008/02/09)

農業セレブとまでは行かなくても、農業サラリーマンが増えると、どの地域にも若年の世帯が定住分布しそう。1000円床屋みたいに、変に業界団体に影響を受けず、無党派市民として、いい政治実現へと導いてくれれば。(2008/02/07)

この記事に注目し、考えさせられ毎回読んでいます。いくつかの理由があります。1つは、自分のふるさとが、旧中頚城郡(現上越市)であること。2つ目は松之山同様(それ以上に)に田畑が放置され、限界集落になっていることをを知ったこと。3つ目は、戸邊さんの生き方に触れたこと。そして4つ目は、この記事を通して、関心を寄せる人の輪が広がっていくのを実感できたこと。ふるさとを出て30年以上になります。今は遠くから思うだけですが、最近、帰郷のおりに見た野山、田んぼの光景が心に重く焼きついて離れません。戸邊さんが、マスコミに登場されたことを知るにつけ、せめて、ふるさとに今もすんでいる人々に、戸邊さんの軌跡やその思いが届くこと願ってやみません。宮嶋さんの写真が心にしみます。(2008/02/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員