• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

本当の“底”から見上げる日本~『アメリカ下層教育現場』
林壮一著(評:柴田雄大)

光文社新書、740円(税別)

  • 柴田 雄大

バックナンバー

2008年2月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間30分

アメリカ下層教育現場

アメリカ下層教育現場』林壮一著、光文社新書、740円(税別)

 「格差社会」とさんざん言われてるが、それはだいたい所得の話で、教育格差、学力格差にはマスコミもあまり触れない。しかし、所得格差、地域間格差などと同じくらい、教育格差も深刻な問題だ。私立と公立、首都圏と地方など、授業や教員の質の差が、大学進学率などにおける差となって現れている。

 本書は米国における教育格差について、底辺に位置する者の視線で論じたものだ。著者は米国在住のフリーライター。メジャーリーグやボクシングなどの取材の傍ら、大学時代の恩師の薦めで、米ネヴァダ州リノの高校で「日本文化」の授業を非常勤講師として担当した。

 米国における学力格差は日本の比ではない。著者が週2回、2時間ずつ教壇に立ったのは、レインシャドウ・コミュニティー・チャーター・ハイスクールという高校だが、普通の高校とは少し違う。

 チャーター・スクールというのは、親、教師、地域住民などが州や学区の認可(チャーター)を受けて設立する公立校で、米国で1992年に誕生した。運営は設立申請を行った民間グループに任され、授業料は無料。地域の実情に合わせて、教師と生徒の結びつきをより密にする目的で全米各地に広まった。当時、米国の新聞は「荒廃する公立校を避ける親たちの解決策」と紹介し、注目を集めた。

 しかし、10年以上が経過した今、現実は当初の理想とかけ離れている。各地のチャーター・スクールは一般の公立校の生徒より学力レベルの低い、劣等生の集まる学校になっているのだ。

両親と暮らしている子どもは、ひとりだけ

 普通に授業をしても生徒はついてこられないので、「食品」という科目を設けてクラス全員でクッキーを焼いて食べたり、「演劇」の授業で実際に劇をやってみたり、生徒の興味を引くようなカリキュラムを設けている。著者の担当した「日本文化」も日本のアニメやマンガ、テレビゲームなどに関心を持つ生徒の受け皿にと、用意されたものだ。

 実際に教壇に立ってみて、著者はあぜんとする。始業から3分もしないうちに机の上でUNOを始める者、音楽を聞き始める者、小さな布ボールを蹴り始める者など、授業どころではない。トイレに行った者は二度と戻ってこない。全員をはり倒して常識を教えたいと思うが、米国でそんなことをすればすぐに逮捕され、保釈金で講師のアルバイト代など軽く吹っ飛んでしまう。

 授業を続けていくうち、著者はだんだん米国における下層教育の裏側がみえてくる。チャーター・ハイスクールに通う子供たちの大半は、家庭環境に問題があった。クラス19人のうち、両親とともに生活している生徒はわずか1名。両親が育児を放棄したため里親に育てられた子も多かった。

 本書によれば、米国の離婚率は50%を超えている。生活に追われるシングルマザー、シングルファーザーは育児や教育に手が回らず、子供は小中学校時代から学校をさぼりがちになる。酒やドラッグにおぼれる親も少なくない。半身不随の母親と二人暮らしの生活費を稼ぐため、コーヒーショップで時給8ドルのアルバイトをする生徒もいる。日本でもアルバイトをする高校生はいるが、生活費を稼ぐためというのは少ないだろう。

 教育格差は、そのまま将来の所得格差につながる。

コメント9件コメント/レビュー

ニューヨークからニュージャージー州に引越し、わずか半年もたたずして せっかく買ったばかりの家をまた売りにだしニューヨークにもどることになりました。著者のように一生懸命頑張っている教職者が ”人種差別”なのか もともとの本人の実力不足からなる”劣等感”なのかわかりませんが 白人校長の個人的な感情により 解雇されたことは 非常に残念なことです。著者の言う通り 親としての責任の重さをひしひしと感じます。私自身の経験からして 実際に私が働いていたときには 体力勝負でまさに眠気との戦いでした。正直なところ 子供が1歳と2歳のときには週1日休めるとほっとしてつい寝てしまい主人によく怒られました。結局いろいろな諸事情が重なり、解雇になってしまい 現在は主婦ですが 昔の生活は私たち夫婦、また子供にとっても良い家庭とは言えず ただただ反省するばかりです。(2008/02/13)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ニューヨークからニュージャージー州に引越し、わずか半年もたたずして せっかく買ったばかりの家をまた売りにだしニューヨークにもどることになりました。著者のように一生懸命頑張っている教職者が ”人種差別”なのか もともとの本人の実力不足からなる”劣等感”なのかわかりませんが 白人校長の個人的な感情により 解雇されたことは 非常に残念なことです。著者の言う通り 親としての責任の重さをひしひしと感じます。私自身の経験からして 実際に私が働いていたときには 体力勝負でまさに眠気との戦いでした。正直なところ 子供が1歳と2歳のときには週1日休めるとほっとしてつい寝てしまい主人によく怒られました。結局いろいろな諸事情が重なり、解雇になってしまい 現在は主婦ですが 昔の生活は私たち夫婦、また子供にとっても良い家庭とは言えず ただただ反省するばかりです。(2008/02/13)

アメリカの黒人やヒスパニックでも政府や軍の要職についている人はいる。また、日本で「教育費がまかなえないから東大へ行けない」なんていうのは、どうかな。もともとその子が受験向きの頭じゃなのでは? 両親の学校での成績がよければ、その子ども多分そうなるというのは容貌や運動神経が似るのと同じ。それに東大や有名大学へ行くばかりが成功というものでもない。他に道はいっぱいあるし、そういうことを考えられない視野の狭さが道を狭めていると思う。あるひとつのことを、こうだと思い込んで他の視点から物事を考えられない頭のかたさこそこれからは一番の格差になるだろう。(2008/02/12)

本欄でもいまだ信んじている人がいるのが驚きですが、すでに「成り上がれる国アメリカ」「チャンスの国アメリカ」というのは、既に成り立たなくなっています。アメリカはイギリスについで社会的流動性の低い国になっています。つまり、日本以上に格差が固定されている社会です。表面的なスローガンに飛びつくと、現実を見失いますよ。(2008/02/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長