• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第21回 色彩の饗宴「大判花鳥画」

生命の輝きが見せた一瞬を作品の中に永遠にとどめる

  • 内田 千鶴子

バックナンバー

2008年2月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北斎が日本の古典や中国の故事をテーマとした『詩歌写真鏡』や、『小倉百人一首』を題材にした『百人一首うはかゑとき』を制作したことは前々回に書いたが、このうち『百人一首うはかゑとき』は27図しか刊行できなかった。売れ行きが悪く、途中で版行を断念したのかもしれない。

 この頃、永年コンビを組んできた版元・西村永寿堂は、題材を人ではなく、花や鳥に絞った花鳥画を北斎に要請していた。

 花鳥画は、中国では北宋・南宋・元・明・清時代を通じ、山水画や人物画と肩を並べる重要な絵画のジャンルであった。

花鳥画が盛んになったのは、本草学の普及があったから

 浮世絵の世界で花鳥画を題材としたものが制作されるようになるのは、1751~71(宝暦・明和)頃の鈴木春信、磯田湖龍斎あたりからである。続いて、1781(天明元)年、谷素外が俳書『俳諧名知折(なのしおり)』を刊行。その挿画に北尾重政が墨摺花鳥を描いているのが注目される。

 1788(天明8)年から90年(寛政2)年にかけ、当時俳句と並んで2大文芸だった狂歌のブームに呼応し、後に美人画で有名となる喜多川歌麿が『画本虫撰(えほんむしえらみ)』『潮干のつと』『百千鳥(ももちどり)』などの狂歌絵本に虫・貝・鳥などを彩色摺で描いていた。

 北尾政美(まさよし)もこれに刺激を受け、1789(寛政元)年に彩色摺絵本である関盈文(えいぶん)撰『海舶来禽図彙』の挿画に異国の鳥獣を描いて、これまた大評判となった。その後、政美は津山侯の抱絵師に取り立てられ、鍬形恵斎と名乗り、1795(寛政7)年から1813(文化10)年にかけ、シンプルな描線、墨画のような淡彩で、鳥獣・人物・山水・草花などを『略画式』と題して刊行した。

 政美の師匠、北尾重政もこれに追随して1805(文化2)年、大坂の版元・柏原屋から花鳥画絵本『花鳥写真図彙』を刊行。1827(文政10)年にも再版される。洋風画の陰影法を導入した伸びやかで華麗な重政の『花鳥写真図彙』は、北斎にも多大なる刺激を与えたに違いない。

 天保年間に入って刊行した『百人一首うはかゑとき』の売れ行き不振を挽回しようとして、永寿堂は北斎に堂々たる花鳥画の一枚摺制作を勧めたのであろう。

 すでに述べたように、俳諧や狂歌本の挿絵に花鳥版画が盛んに使われるようになった背景には、宝暦・明和・安永にかけて殖産興業の目的で各藩が奨励した本草学の普及が根底にあった。1827(文政10)年から30(天保元年)までに花鳥や草木をテーマとした版本が異常なほど出版されている事実が分かった。1827(文政10)年に長谷川雪旦(せったん)画『江戸遊覧花暦』と繁原金太著『草木奇品家雅見』。29(文政12)年に水野忠暁著『草木錦葉集』、30(天保元)年に島津重豪輯『鳥名便覧』と岩崎常正著『本草図譜』などである。

短い漢詩や文章を入れた中判の花鳥画を制作

 こうした本草学・植物学本の出版の流行にも後押しされて、北斎の一枚摺花鳥画が制作されたのであった。

 1831(天保2)年から34(天保5)年頃、北斎は中判縦絵(25.1×18.2センチ)と長大判(26.2×39.1センチ)の花鳥画をそれぞれ10枚ずつ制作した。

 中判縦絵は、季節を意識させる花と鳥を取り合わせ、花と鳥の名を入れ、短い漢詩や文章を書き添えている。

 作品に、

  1. 鶯に垂桜(しだれざくら)
  2. 芍薬(しゃくやく)にカナリヤ
  3. 翡翠(かわせみ)に鳶尾(しやが)草に瞿麦(なでしこ)
  4. 子規(ほととぎす)に杜鵑(さつき)花
  5. 紫陽花(あじさい)に燕
  6. 鵙(もず)に小薊(こあざみ)
  7. 鴬に長春(ばら)
  8. 藤に鶺鴒(せきれい)

――などがある。

葛飾北斎 「菊花とあぶ」 東京国立博物館所蔵 Image:TNM Image Archives

葛飾北斎 「菊花とあぶ」 東京国立博物館所蔵 Image:TNM Image Archives

コメント0

「カオスを描いた北斎の謎」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO