• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

見る目の数だけ、世界がある~『もしもあなたが猫だったら?』
竹内薫著(評:清田隆之)

中公新書、720円(税別)

  • 清田 隆之

バックナンバー

2008年2月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間5時間00分

もしもあなたが猫だったら? 「思考実験」が判断力をみがく

もしもあなたが猫だったら? 「思考実験」が判断力をみがく』竹内薫著、中公新書、720円(税別)

 今はあまり見かけなくなったが、以前、テレビでこんな番組をよくやっていた。それは、違う文明に生きるアフリカの部族を日本に連れてきて、そのカルチャーギャップに驚くさまを描くといったようなものだ。「田舎者を笑う」みたいな視線で申し訳ないなと思いつつも、電車やエスカレーターにビビリまくる彼らを見て、ついつい大笑いしてしまったものだ。

 それはさておき、本書の著者は以前、『99.9%は仮説』をものして話題になった科学作家だ。その冒頭では、イキナリ「飛行機はなぜ飛ぶのか? 実はよくわかっていない」なんて議論が展開されている。翼で「圧力差」や「空気の渦」を作り出し、それが揚力となって機体は飛んでいる――。こういった“科学的説明”がまことしやかに語られているが、それはさまざまな経験則による推測にすぎず、決定的な根拠はないというのだ。

 この話は刺激的だった。というのも、「科学には意外と“人間味”がある」という発見があったからだ。正解はひとつ。すべては理屈で説明できる――。そんな科学にまつわるイメージがくつがえった。

 さて、本書のテーマは「思考実験」だ。これは「もしも~だったら?」といった具合に脳内で行う様々なシミュレーションのこと。『99.9%は仮説』では、世間の常識の「不確かさ」を論じることによって「大体は仮説である」と訴えた。本書ではそれを一歩発展させ、「今度は自分で仮説を立ててみよう」というわけだ。

 タイトルにもなっている「もしもあなたが猫だったら?」というのもそのひとつ。ただし、ここで語られるのは、例えば『吾輩は猫である』のように猫の「視点」に立ってみようというものではなく、「視覚のメカニズム」に関する問題だ。

〈猫は、哺乳類で、錐体細胞は二つしかありません。だから三原色じゃなくって二原色の世界に生きている。そうすると、我々より、もっと色の区別がつかない世界に棲んでいるわけです。しかも、視力もそんなによくない〉

 錐体細胞とは色を感知するアンテナのようなもの。人間にはこれが3つあって、それぞれ赤、緑、青の光の波長に反応し、その組み合わせによって色を識別する。猫にはこの錐体細胞が2つ。従って認識できる色がはるかに少ないというのだ。

絶対的な世界はありえない

 しかし、だからといって機能的に劣っているというわけではない。視野が広く、暗い場所でもよく見え、動体視力もかなり優秀だという。夜も行動し、動く獲物を捕らえる猫のライフスタイルに適した目というわけだ。

 もしも我々がこの猫の目でもって世界を眺めたら、今とはかなり違った景色に見えるだろう。それは色あせた写真のように映るだろうし、信号機だって意味を失効してしまう。あの素早く走るゴキブリも、まるでスローモーションのように見えるかもしれない。

 つまり、我々が普段見ている世界は、絶対的にこういう姿をしているわけではなく、人間の目を通して見るからそう映るだけの話なのだ。猫には猫に見える世界がある。鳥にだって、ゴキブリにだってそれぞれの世界がある。これは何も視覚に限った話ではない。聴覚、嗅覚、味覚、触覚を含め、知覚システムのあり方ひとつで世界は様々な様相を呈するのだ。

 こう考えると、同じ人間同士とて、世界を同じように知覚しているとは限らないかもしれない……と思えてくる。ひとつのモノに対し、それを好む人と嫌う人がいる。これが単なる感性の差異ではなく、まったく別のモノに見えている結果だとしたら……。

 このように、「もしも猫だったら?」という一見突飛な仮説も、ひとつずつ思考のプロセスを重ねることによって、思いもよらなかったような考えに行き着く。単なる妄想と切って捨てることもできようが、これが思考実験の醍醐味であり、「頭を柔らかくするための訓練」になるというのだ。

 本書の副題は「『思考実験』で判断力をみがく」。『99.9%は仮説』の副題にも「思いこみで判断しないための考え方」とある。ここから見えるのは、「常識や思いこみを疑い、自分のなかに様々な可能性や選択肢を用意し、そこからよりよい判断を導き出そう」というメッセージだ。

コメント3件コメント/レビュー

紹介されている本を実際に読んでみないと踏み込んだ話はできませんが、とりあえずこの論評の印象は「20年遅れのポストモダン思想、ポストコロニアル批評」でした。逆にいうと、20年前にこのくらいの科学的思考の啓蒙書がベストセラーになっていたら、世の中もうちょい面白くなっていたかも、と思いますが。(2008/02/16)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

紹介されている本を実際に読んでみないと踏み込んだ話はできませんが、とりあえずこの論評の印象は「20年遅れのポストモダン思想、ポストコロニアル批評」でした。逆にいうと、20年前にこのくらいの科学的思考の啓蒙書がベストセラーになっていたら、世の中もうちょい面白くなっていたかも、と思いますが。(2008/02/16)

視点を変えてものごとを考えられる、視野を広げられる、というのはこれからの社会で最も大事な能力だと思います。あらゆる社会問題の根底に「思い込み」があります。いわく、いい学校へいかないと、いい配偶者を見つけないと、子どもには”いい”教育を受けさせないと…、などなど。自分の思い込みが正しいと信じて疑わない人は他人に不寛容だし、何より自分を不幸にします。社会自身がいやおうなくものすごいスピードで変っていますから。(2008/02/15)

私たちの頭の中はすでに自由ではありません。社会に適合する為に「教育/しつけ」という名の洗脳過程を経て常識を刷り込まれているからです。だからこそ健全な社会生活が営めるのです。●この洗脳を受け付けなかった人が異端者、すなわち犯罪者や天才となるのです。昔から天才がまともな社会生活を行えないのは有名な話です。●天才は社会的常識に縛らていないからこそ自由で飛躍的な発想ができるのであって、それはTPOに応じて発揮できるわけではなく、いつでもどこでも常識はずれな言動をとってしまうのです。●現代の日本のような懐の浅い社会では天才の居場所は刑務所、精神病棟、墓の中の3つくらいでしょう。(2008/02/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長