• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

生かさなくてもよい命があると『生と死の倫理』は言う
~反論は意外に難しい…

  • 漆原 次郎

バックナンバー

2008年3月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

生と死の倫理

生と死の倫理』著:ピーター・シンガー、訳:樫則章、昭和堂、2300円(税抜き)

 「新型万能細胞(iPS細胞)」が、世間から注目を集めている。日本経済新聞が技術の重要度を評価した昨年の「技術トレンド調査」でも1位になったというし、「日本発」の技術として大きな期待が寄せられているようである。

 皮膚細胞から臓器や骨などを作ってしまうこの万能細胞。それだけでもすごいが、“生命倫理”の問題解決への切り札としても期待されている。これまでは、胚性幹細胞(ES細胞)という特殊な細胞から、からだの組織・器官を作ろうとしていた。でも、受精卵を分化させた「胚」を使わねばならず、人さまの“命のもと”を利用してよいのかという論争がたえなかった。

 ありふれた感覚から言えば、受精卵を利用することにはたしかに躊躇がある。しかし、それに真っ向から反対している1冊の本をご存じだろうか。10年前以上に哲学者のピーター・シンガーが著した本書だ。

 著者は、少なくとも20世紀中ごろまではタブー視されてきたような生命倫理の問題に対する解決策を、功利主義的な原則にきわめて忠実にのっとって述べている。

 例えば、西洋のキリスト教を背景とする古くからの死生観では「人命をすべて平等の価値を持つものとして扱え」という「戒律」があった。たとえ生まれてきた赤子が重い障害をもっていたとしても、人の命の価値はみな平等。介護が大変だからとて、決してその子の命を奪ってはならないというものだ。

「新しい戒律」のラディカルぶりを見よ!

 対して著者は「新しい戒律」を示す。それは「人命の価値が多様であることを認めよ」つまり「生かすべき命と生かさなくてよい命があることを、もういいかげん受け入れよう」というもの。目を疑うかもしれないが、著者はこう明言する。

〈この新しい戒律によって……意識のない生命はまったく価値がないと率直に認めることが可能になる。またこの戒律によって、他の人間と精神的、社会的、身体的に交流できる可能性がまったくないような生命についても同じ見解に達することができる〉

 この主張によると、意識が生じていない胎児、無脳症の赤ん坊、さらに意識が回復する見込みのない植物状態の患者、これらはすべて生きることへの価値がなくなる。なぜなら、彼らを生かす措置をしても「患者の利益にならないから」。彼らにとっては、中絶の措置がなされようと、生命維持装置を外されようと、意識がないのだから命を奪われてもなんの問題もないということらしい。

 同様の急進的な主張が最終章に凝縮されている。冒頭であげた胚性幹細胞に使われる胚についても「胚は願望や欲求をもたないし、もったこともないのだから、胚の欲求に反することをすることによって胚に害を与えることはできない」という。さらに、意識のない胚や植物人間よりも、意識や痛みの感覚のある犬や魚などの動物ほうが、生命としての価値が高いとまで述べているのだ。

 では、重度の障害をもちながら生まれてきた乳児の扱いはどうか。

コメント13

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員