• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

知られざる動物の知力

ベールをぬぐ頭脳パワーの秘密

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2008年3月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人間の言葉を話す、仲間をだます、道具を考え出す――。動物たちは、私たちの想像を超えた知力をもっている。科学者が動物と二人三脚で続けてきた数々の研究で、その実力が少しずつ明らかになってきた。

 動物に心の内を直接聞いてみたい―。1977年に大学を出たばかりの研究者アイリーン・ペパーバーグが始めた実験は興味深い。彼女は1歳のヨウム(オウムの一種)を研究室に持ち込み、アレックスと名づけて、人間の言葉を教えることにしたのだ。



ヨウムのアレックス。数を数え、色や形や大きさを識別し、初歩的なレベルながら、ゼロの概念も理解していた。ブランダイズ大学(米国マサチューセッツ州)。
ヨウムのアレックス。数を数え、色や形や大きさを識別し、初歩的なレベルながら、ゼロの概念も理解していた。ブランダイズ大学(米国マサチューセッツ州)。

 当時、多くの科学者は、動物に考える力などないと思っていた。ロボットと同じように決まりきった反応しかせず、思考や感情とは縁がないと決めつけていたのである。いや、うちの犬は違いますよ、と言う人もいるだろう。だが、そんな主張はなかなか通らない。動物に思考力がある、言い換えれば、まわりから得た情報をもとに行動する能力があると科学的に実証するには、どうすればよいのか。

 「そのために、アレックスに協力を仰いだわけです」とペパーバーグ。アレックスは2007年9月に31歳で生涯を閉じたが、私が研究室を訪ねたときはまだ元気だった。ドアを開けると、ペパーバーグはデスクに向かい、アレックスは鳥かごの上に陣どっていた。床には新聞が並び、棚には色とりどりのおもちゃを入れたかごが積みあげられている。アレックスは実験対象というよりも、研究のパートナーのように見えた。

 記憶する、文法や絵文字を理解する、自意識をもつ、他者の思惑を推察する、動作や行動をまねる、何かを創り出す―こうした能力は、高度な知能をもつことを示す重要な指標とみなされている。さまざまな実験を通じて、動物たちにもこのような能力があることが、少しずつ明らかになってきた。

 たとえば、アメリカカケスは、隠した食べ物が盗まれないように策を講じる。ヒツジは仲間の顔を見分けられる。チンパンジーは道具でアリを釣りあげる。イルカは人間のポーズをまねる。ペパーバーグの相棒、アレックスはどうかと言えば、おしゃべりが得意だ。

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士