• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

宇宙の神秘を解き明かす「神の素粒子」を探し出せ!

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2008年3月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 宇宙を満たす物質の、いちばんの元になる「素粒子」。存在が予想されていながら、いまだ見つかっていない“神の素粒子”を求めて、フランス・スイス国境の地下で巨大な加速器が動き始めている。

 フランス東部、スイスとの国境に近い美しい村クロゼ。その村の地中100メートルほどの深さに、得体の知れないトンネルがある。直径は3メートル。ゆるやかに円弧を描いて延びるそのトンネルを進むと、数キロメートルおきにケーブルやパイプ、電磁石などに埋めつくされた巨大な構造物が現れる。まるでジェームズ・ボンドのスパイ映画に出てくる秘密基地だ。



赤い鉄塔に組み込まれた世界最大のソレノイド電磁石。LHC(大型ハドロン衝突型加速器)では、CMSと呼ばれる実験装置のほか、3つの実験装置が、いまだ見つかっていない未知の素粒子を探し求める。
赤い鉄塔に組み込まれた世界最大のソレノイド電磁石。LHC(大型ハドロン衝突型加速器)では、CMSと呼ばれる実験装置のほか、3つの実験装置が、いまだ見つかっていない未知の素粒子を探し求める。

 技術の粋を集めたこの施設の正体は、「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」と呼ばれる粒子加速器。宇宙が何でできているかを解明し、物質存在の背後にある基本原理を見いだそうとする最新の科学施設だ。

 2008年中に、全周27キロメートルにわたる地下トンネルで、2本の粒子ビームを反対向きに加速する実験が始まる。トンネルには、冷却された円筒状の電磁石が1000個以上つながっていて、粒子ビームを誘導する。ビームの束は4カ所ある装置で細められ、光速に近いスピードで正面衝突する。

 すべてが計算どおりにいけば、激しい衝突によって物質は大量のエネルギーに変換され、そのエネルギーからさまざまな粒子が生成されるはずだ。これまで観測されたことのない粒子も見つかるだろう。粒子と粒子をぶつけ、そこから何ができるかを観測する―これこそ素粒子実験の真髄である。

 この衝突によって生まれる粒子の「残骸」を詳しく観測し、解析するのは、トンネルに設置された巨大な実験装置だ。とにかくどれも大きい。最も背の高い装置ATLAS(アトラス)は7階建てのビルほどもあるし、最も重い装置CMS(コンパクト・ミューオン・ソレノイド)は東京タワー3個分もの重さがある。「小さいものは、大きい装置で探せ」というのが、研究母体であるCERN(欧州合同原子核研究機関)のモットーではないかと思えるほどだ。

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長