• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ネイティブに習えば上達する、なんてウソ!~『語学はやり直せる!』
黒田龍之助著(評:島村麻里)

角川oneテーマ21新書、720円(税別)

  • 島村 麻里

バックナンバー

2008年3月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間1時間30分

語学はやり直せる!

語学はやり直せる!』黒田龍之助著、角川oneテーマ21新書、720円(税別)

 この春こそ、○○語に(再)チャレンジしよう!

 テレビ&ラジオの語学講座も新シリーズが始まる4月、そう意気込んでいる人は、当欄読者にも少なくないのではないだろうか。

 評者の場合は、大昔にかじって以来挫折しっぱなしのフランス語だ。パリに行くたび、「今度こそ!」と決意を新たにするものの、ちっとも聴けない話せない。ああ、あっという間に上達するメソッドがあったら……!

 そんな都合の良いメソッドを謳う語学書や会話学校は、はっきりいって詐欺である。

 ……と、本書は断じる。そんなのは過激なダイエットと一緒。一時的には効いても結局リバウンド、つまりすぐ忘れる。減量同様、語学習得には一定の時間がかかるのだ。

 さりとて、根性だけでもやり直せない。語学は文化。従来の語学教育は、楽しむことを考えてこなかった。それじゃあ続くわけがない。

 ネイティブに習ったほうが速く身につくだとか、現地に行けば上達するだとか、ニッポンの語学学習には「常識」が多すぎると、著者は怒る。どれもぜーんぶ嘘。語学の初歩は日本語人教師に日本語で習うべきだし、「現地」に長くいることと、現地の言語が上達することはまったく別、などと喝破する。たしかに、トウキョウに何年住んでいようが、日本語をほとんど解さない外国人――主に英語圏の人――はいる。

 中学高校の成績が悪かったので。先生がヒドかったので……。

 なかでも英語学習には「暗い過去」がつきまといすぎている、とも。失恋がトラウマとなり、次なる恋になかなか踏み出せないってのと似てるのかもね(と、これは評者の喩えだけど)。

 にもかかわらず、と、著者は嘆く。現代は、語学が生存競争の道具になってしまっている。ケチな実用主義がはびこり、語学――とはいっても大半が英語で、あとはせいぜい中国語くらい――はいまや、就職や昇進にまで影響する。これで楽しいわけがない! と。

語学がそんなに好きなの? ちょっと引きますが…

 じゃあ、NHK「ロシア語講座」の人気講師でもある著者・黒田先生自身はどんな語学学習をしてきたのかというと、これが……なんである。

 中学時代に「何の偶然か」ロシア語に興味を持った著者は、以来、学校の勉強とはまったく別に、セルビア語やブルガリア語などに次々取り組み、とくに留学や海外赴任などの経験を持たずに語学のプロとなった。

 現在も多言語学習に余念がなく、スティーブン・キングをチェコ語やクロアチア語で読む。日々の通勤電車内では、文字攻略のため、アラビア文字やヘブライ文字をひたすら睨む。キーボードでリトアニア語のテキストを打ち続ける傍らインターネットで多言語放送を聴き、未踏のスペイン語については子ども向辞書を、まさしく”写経”する……。

 「本来字を書くことが好きなので」ともおっしゃるが、いやはや、とてつもなくマニアックである。寝しなに仏料理のメニューを眺めるのが日課(アラカルトの解読に挫折せず、今度こそ旅先で食べたいものにありつきたい!)程度の評者なんてとてもとても、である。

 ゆえに、本書を最初から順に読むと、著者の華麗なる”語学オタク”ぶりに、かえって引いてしまう人もいるだろう。そんなときは、後ろから先に読もう。第六章「たとえば英語学習をやめてみる」だ。

コメント2件コメント/レビュー

ある本に「英語は共通語にするには最悪の言語だ。なぜなら英語には不必要にラテン語やギリシャ語由来の語彙を多用する(ウォータープレーンと言えばいいのにハイドロプレーンと言う等)為、学びとるには何種もの言語を習得するだけの労力がいる」「日本語も外国語(漢字)を導入しているが、それには訓を当てるという方法で問題を解決している。」とあった。文字にルビを振るというのは世界中で日本語以外にないらしい。日本語を速読しようと思ったら、まず漢字だけを追えばおおよその意が掴めるという。その為、同じ内容を読みとる時間は日本語が世界中のあらゆる言語より短い時間で済むという事らしい(最も書くには時間がかかるが)。一部の分野で日本人が優秀?なのは日本語の構造のおかげかもしれない。(2008/03/26)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ある本に「英語は共通語にするには最悪の言語だ。なぜなら英語には不必要にラテン語やギリシャ語由来の語彙を多用する(ウォータープレーンと言えばいいのにハイドロプレーンと言う等)為、学びとるには何種もの言語を習得するだけの労力がいる」「日本語も外国語(漢字)を導入しているが、それには訓を当てるという方法で問題を解決している。」とあった。文字にルビを振るというのは世界中で日本語以外にないらしい。日本語を速読しようと思ったら、まず漢字だけを追えばおおよその意が掴めるという。その為、同じ内容を読みとる時間は日本語が世界中のあらゆる言語より短い時間で済むという事らしい(最も書くには時間がかかるが)。一部の分野で日本人が優秀?なのは日本語の構造のおかげかもしれない。(2008/03/26)

「現地にいたほうが上達する、ネイティブに習うほうが上達する」というのは間違っていないと思いますよ。ただ、あくまで「自己のレベルに合わせて」「上達しようと思って」やっているか否かだと思います。書評を見る限り、筆者はこの点を混同しいるのだろうと思う。 個人的な意見として、外国語を上達するには、その言葉や国の文化や思考論理を体得しようとするほうが近道になると思います。たとえば、英語は「言いたいこと・重要なことを先に言おうとする言語」ということを理解できれば、"It's ~ to do/be ~"の考え方は分かると思います。受験英語で「後から訳す」なんてのは論外です。筆者には、日本における受験英語と実践英語の関係や問題点についての本を出して欲しいですね。(2008/03/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員