• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

現代の「おとぎばなし」を楽しむ

『宇宙への秘密の鍵』ルーシー&スティーヴン・ホーキング著 さくまゆみこ訳 岩崎書店 1900円(税抜き)

  • 松島 駿二郎

バックナンバー

2008年3月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『宇宙への秘密の鍵』ルーシー&スティーヴン・ホーキング著

『宇宙への秘密の鍵』ルーシー&スティーヴン・ホーキング著

 小さくて、急速に汚染され、人口過密が進む地球、そこに住む人類は生き残れない、という車椅子の物理学者ホーキング博士。博士は娘のルーシーさんと組んで、とてつもなくおもしろい物語を作った。人々の関心を宇宙に向けるものがたりが生まれた。

 SFはたくさんあるけれど「科学的事実」に基づいた本がない、とルーシーさん。「科学的事実」なら、父親のホーキングがピカイチ。

 宇宙への窓を作るコンピューターの助けで、元気のいいジョージ少年が宇宙へ乗り出す。
そしてまず、太陽系の惑星たちを訪れる。乗り物は、太陽の周りを大きな軌道で周転している彗星。

 物理学者の娘ルーシーは、科学的事実を散りばめながら、それぞれの惑星の探検に連れ出してくれる。物理学者が書いた通俗科学書は数多くあるが、父娘で書いたものは寡聞にして知らない。ものがたりには、ときどきコラム的に科学的事実が書き記され、丹念に読めば宇宙的知識が増える。

 特筆しなくてはならないのは、宇宙の美しいカラー写真が豊富に掲載されていることだ。特殊な方法で撮影された天文写真など、貴重なものだ。宇宙は秘密と神秘に満ちていると圧倒的に語りかけてくる。父娘のみごとなコンビが生み出した本だ。

コメント0

「書物漂流」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長