• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大腸ガンの予防には食物繊維を

  • 立川らく朝

バックナンバー

2008年4月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 立川らく朝のヘルシートーク、今回は年々増加している「大腸ガン」がテーマです。脂っこいものが大好きな方、洋食ばっかり食べている方、身に覚えのある方ない方、動画と合わせてお読みくださいませ。

立川らく朝

立川らく朝
動画はこちらから

 いまや日本人の死亡原因の第1位はガンなんですね。統計をみると、いま日本人は3人に1人がガンになる時代になりましてねえ。これはどういうことかと言いますと、たとえば電車の中で座席がありまして、たとえばあなたが座席にずらーっと並んでいるとします。座っているとします。そうすると、あなたの両脇に座っている人がガンにならなければ自分がガンになる。そういう確率ですよ。もうサバイバルゲームをやっているようなもんなんですけどねえ。

 ガンが発生するには、いろいろな原因があります。1つには慢性の刺激。これもガンになりやすい。たとえば食道ガン。熱いラーメンとか辛いスープとか、ガブガブ飲んでしまう方、お気をつけになった方がよろしいようで。また、空きっ腹に強いお酒、ウィスキーなどをストレートで、というのも胃ガンの原因になります。たばこはもちろん肺ガンの原因になります。刺激がほしいとき、ありますよね。それはよく分かります。でも、毎日はやめておいた方がよろしいかと。

 まあ、いろいろなことがありますけどね。いま日本人のガンで、増えているガンと減っているガンがあります。増えているガンの代表が大腸ガン。これはやはり原因がありまして、ふたつあるんです。ひとつは食事ですよ。それはどういうことかというと、洋食を食べるでしょ。ひとつは洋食の油、脂肪。これがいけないんですよ。日本人っていっぱい脂肪を食べるようになったんですね。この脂肪のとりすぎがじつは大腸ガンの原因になっているんですよ。

 どうして脂肪のとりすぎがガンの原因になるかというと、脂肪を食べる、すると、肝臓から胆汁がどっと出てくる。これが十二指腸に出てくるんです。腸の中で脂と胆汁が混ざると、脂肪の消化吸収が非常によくなるんです。だから、油っぽいものを食べれば食べるほど肝臓から胆汁が出てくる。これがどんどんどんどん下に行って、大腸まで行きます。大腸にはみなさんご存じのように腸内細菌というのがいる。この腸内細菌の作用で、じつは胆汁が発ガン物質に変わってしまうんです。腸内細菌、普段は腸内でいいことをしてくれているのに、体に悪いものになっちゃうんですね。ご町内のいい若者が、急に不良になっちゃうようなものです。

 だから、油っぽいものを食べれば食べるほど、結果的に大腸の中に発ガン物質が増えるんですよ。油っぽいもを食べると危ないんですよ。脂肪のとりすぎというのはいけません。これは国民的常識なんですけど、とにかく脂肪をたくさんとると、早く歳をとっちゃうんですよ。ご存じありませんでした?
脂肪をいっぱい食べると、早く歳をとるの。その証拠にアブラのことを英語でなんというかというと“老いる(オイル)”と言っているの。

「立川らく朝の「落語で健康! 笑ってメタボ脱出」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授