• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ぼけてなお、幸せに生きるために~『「痴呆老人」は何を見ているか』
大井玄著(評:澁川祐子)

新潮新書、700円(税別)

  • 澁川 祐子

バックナンバー

2008年4月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント3件コメント/レビュー

痴呆は当事者の意識もそうだが、それを見ているもの、介護しているものの考え方の問題だという気はしている。頑固で依怙地な祖母は意識がはっきりしている間は不平不満ばかり述べていたが、体が不自由になってからのほうが穏やかな、安心した表情をするようになり、感謝の言葉をよく口にしていた。あることを尊ぶ気持ちがつながりをうむのだろう。(2008/04/25)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

痴呆は当事者の意識もそうだが、それを見ているもの、介護しているものの考え方の問題だという気はしている。頑固で依怙地な祖母は意識がはっきりしている間は不平不満ばかり述べていたが、体が不自由になってからのほうが穏やかな、安心した表情をするようになり、感謝の言葉をよく口にしていた。あることを尊ぶ気持ちがつながりをうむのだろう。(2008/04/25)

先日、久々に帰郷し、今年85になる祖父母と食事をした。祖母の方は、昔と変わらず今も元気であったが、祖父の方は生憎、いよいよもって痴呆が出始めたようで、会話もおぼつかなくなっていた。それでも祖父母に育てられた幼少期の頃の思い出話などに花を咲かせ、久々に家族揃って団欒をとることが出来た。老いてしまった祖父母の姿は始めはショックでもあったが、祖父母の笑う顔が見ることができたのは嬉しかった。この家族のつながりの感覚こそが祖父母を元気にさせるきつけ薬なのだと感じた。今後はもっと頻繁こ田舎に帰り、祖父母に逢いに行きたい。(2008/04/07)

とても考えさせられた。(2008/04/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。

岡藤 正広 伊藤忠商事社長