• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私が中国には行かない理由 ムシが採れない文明、新聞が衰退するわけ

2008年4月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いまは四月のはじめ、本格的な虫採りに出るには、まだ二、三週間ほど早い。虫が出ていないわけではないが、葉っぱが十分には伸びていない。もう少し暖かくなってからのほうが能率がいい。今月の終わりにはラオスに行く。いまからそれが楽しみ。ラオスは暑い季節で、温度はどうせ三十度をはるかに越えているはずである。

昨年春、ラオスでムシ採りに励む養老先生

昨年春、ラオスでムシ採りに励む養老先生

 虫採りをしないから、おかげで書くことがない。昨年で雑誌に書いていた時評を全部やめた。おかげで少し勢いが余っているので、時事的なテーマにでも触れておきますか。

 中国人監督のドキュメンタリー「靖国」を映画館が扱わないという問題を新聞が伝えている。自民党議員が内容が偏りがあると述べ、右翼、具体的には街宣車の抗議があるからだという。新聞がこれを取り上げる角度は、「表現の自由」に対する侵害ではないかというものである。

 この図式には、もう皆さん、飽き飽きしているのではないかと思う。ご存知のように、以前からの靖国問題が近年になって沸騰したのは、小泉元首相の参拝問題からである。これも賛否両論があったけれども、小泉支持がじつは過半数だったと記憶する。

 当時私は単純な筋論を採った。「表現の自由」が憲法なら、「信教の自由」も憲法である。個人の信教の自由は憲法で認められている。それなら小泉が個人としてどこに参拝しようが、なんの問題もない。首相は個人とは違うというのは、「封建的」思想である。

 それでも新聞はギャアギャアいった。現首相の福田さんは、中国や韓国があれだけ嫌がるものを、無理に行くことはない。そういう姿勢だったはずである。それはそれでいいので、根本は靖国問題なんて、実質的にはどうでもいい、ということである。

 今度の問題もまったく根は同じだと思う。「どうでもいい」問題について、あれだけ空騒ぎをしたから、ふつうの人は懲り懲りしているはずである。そんなこと、知らない。私の知ったことじゃない。関わりたくない。それが常識であろう。ふつうの人は靖国の遺族でもないし、靖国問題なんか、自分の日常生活に関係がない。今度の映画館の拒否は、そういう心理が表面化しただけだと、私は見ている。憲法問題でもなんでもない。

 でも新聞は相変わらず憲法問題として見ようとしている。それなら小泉参拝を考え直したらどうか。新聞の議論は最初のボタンを掛け違えている。だから、もう直しようがないのである。プリンスホテルが日教組の大会を断ったのも、具体的にはいろいろな事情があるかもしれないが、根本は似たようなことであろう。いまでは日教組の存在意義が低下したのである。教育は現在でも大問題なのだから、日教組は大きくなり、活動が盛んになっていいはずである。それがそうならない理由を当事者たちは反省しているだろうか。たぶん自分の落ち度と認めず、政府のせいにしているのではないか。

 この種の問題を大きく取り上げるから、新聞が売れない。新聞の将来について、新聞人たちはかなり悲観的だと、私は知っている。大げさにいうなら、新聞は記事に命を懸けていない。表面でお茶を濁しているだけである。
 今朝読んだ新聞で、イギリスに赴任した特派員の文章が載っていた。田舎町で花が咲き乱れ、「自然が豊か」だという。このブログを読む人なら、ものすごく違和感があるのではないか。人間が植えた花が美しいから、自然が豊かだという。アホか。新聞が売れるわけがないわ。

コメント23件コメント/レビュー

養老先生のご意見(著作から知る場合が大部分ですが)、聞いた端から「予てよりそう思っていた」という気にさせられ、次いで人にそれを伝える時には「自分で考えた事」になってしまいます。このコラムを読み「イギリスのガーデンをもって、イギリスには自然がたんとあるとのたもうた特派員 云々」も今日明日の内にこの口から出た言葉になりそうです。山本夏彦老亡き今、養老先生の「人たらし言葉」を待つ人は数限りなしでしょう。虫のコラムに虫以外の楽しみを待つというのも何ですが、ハイ待っております。このコラムとは関係ないのですが、先生ご推薦の本「神々の沈黙」も読んで楽しませて頂きました。  高校2年生 男(2008/04/20)

「養老孟司先生のタケシくん虫日記」のバックナンバー

一覧

「私が中国には行かない理由 ムシが採れない文明、新聞が衰退するわけ」の著者

養老 孟司

養老 孟司(ようろう・たけし)

東京大学名誉教授

解剖学者/作家/昆虫研究家。1937年生まれ。62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室へ。95年東京大学医学部教授を退官し、その後北里大学教授に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

養老先生のご意見(著作から知る場合が大部分ですが)、聞いた端から「予てよりそう思っていた」という気にさせられ、次いで人にそれを伝える時には「自分で考えた事」になってしまいます。このコラムを読み「イギリスのガーデンをもって、イギリスには自然がたんとあるとのたもうた特派員 云々」も今日明日の内にこの口から出た言葉になりそうです。山本夏彦老亡き今、養老先生の「人たらし言葉」を待つ人は数限りなしでしょう。虫のコラムに虫以外の楽しみを待つというのも何ですが、ハイ待っております。このコラムとは関係ないのですが、先生ご推薦の本「神々の沈黙」も読んで楽しませて頂きました。  高校2年生 男(2008/04/20)

養老先生の書評をベースキャンプに、平家物語、グールド、ファーブル昆虫記などを読んでおります。先日昆虫記を読了、10巻目は数頁にわたり涙がとまらず困りました。ファーブルのいう「本能」とは、先生の仰る「構造」と「機能」の機能のことではないかと妄想しております。先生の方法論を身につけるのは容易でありません。敬白。(2008/04/19)

養老先生に私淑して四年、図書館の166冊大半読破、…先生申し訳ございません。一冊も購入してなくて。2008/3の「ほんとうの環境問題」は本館・分館に三冊ありますが、予約・貸し出し中がまだ続いており、まだ読めません。先生が時評をやめられたのは残念ですが、当ブログは最後の砦です。敬白。(2008/04/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長