• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

秘境の地で隠れ家ゴルフ「ザ・チャレンジ・アット・マネレ」

  • 三田村 昌鳳

バックナンバー

2008年5月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ザ・チャレンジ・アット・マネレ(写真:宮本 卓 以下も)

ザ・チャレンジ・アット・マネレ(写真:宮本 卓 以下も)

 教えたくない隠れ家的な空間がある。レストランにしても、バーにしても、旅先の宿にしても、自分だけのスポットとしてしまっておきたいと思う空間。ハワイのラナイ島はそんな場所かもしれない。

 島のほとんどがパイナップル畑に使われていて、あとは何もないというラナイ島は、ゴルファーの未開の地だった。ロサンゼルス郊外にシャーウッドというコースとコンドミニアムを造ったパイナップルなどで有名なドール氏が、次に手がけたのが、このラナイ島の開拓だった。

 島の98パーセントを所有するドール氏は、1990年に、山の頂に「ザ・エキスピアリアンス・アット・コエレ」というコースとロッジを造り、次に、この「ザ・チャレンジ・アット・マネレ」を1993年に造りあげた。

 「コエレ」の設計は、グレッグ・ノーマンとテッド・ロビンソンが手がけたもので、山岳地を上手く利用していて、前半はその壮大な風景を楽しみながらプレーできる。そして後半になるとフラットなホールが続き、平原が広がっていくような雰囲気がある。その変化に富んだ風景とデザインが印象に残る。

 特に優雅さを感じさせるのは、ロッジだ。ここでは時間がゆっくりと動いていくような重厚でしかも、心身を解き放ってくれるエレガントさがある。

 そんな「コエレ」とは対照的なのが、「マネレ」である。設計は、ジャック・ニクラスで、ぺブルビーチを思わせる雄大なオーシャンサイドのコースだ。コース全長は、ニクラス・ティと呼ばれるフルバックから7039ヤードある。風の強さによっては、途方もなく長いコースに変貌する。

「至福な風景/世界の名コース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長