• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ゴールだけ映すテレビに背を向けろ~『4-2-3-1』
杉山茂樹著(評:清田隆之)

光文社新書、860円(税別)

  • 清田 隆之

バックナンバー

2008年5月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間00分

4-2-3-1 サッカーを戦術から理解する

4-2-3-1 サッカーを戦術から理解する』杉山茂樹著、光文社新書、860円(税別)

 小学2年生のとき、『キャプテン翼』に憧れて地元のサッカークラブに入団した。当時、サッカーはまだまだマイナースポーツ。公園での練習も、少年野球のチームに間借りする形で行っていた。

 それから5年後にJリーグが開幕した。1993年のことだ。そして、カズがダンスしたり、「ドーハの悲劇」があったり、ヒデが海外で活躍したりするうちに、サッカーはいっぱしの人気スポーツに成長した。サッカーを見る機会も、する環境も、以前に比べれば見違えるほど充実した。

 そこにきて、本書である。副題には「サッカーを戦術から理解する」とある。専門誌で語られることはあったにせよ、テレビはおろか、スポーツ新聞でも「戦術」云々を掘り下げることはまれである。試合結果と、人気選手の活躍ぶり。ニュースのネタといえば大抵がこのふたつ。新書というメディアで、果たして「サッカーの戦術」はどう料理されるのか? いちサッカーファンとして、興味をそそられた。

 感想からいうと、「ガーン」である。こんなことすら知らずに、20年近くもサッカーを続けていたなんて……。試合を見るたびに「もっとがんばれ!」「シュートを決めろ!」などと叫んでいた自分が、少し恥ずかしくなった。

 この本に書かれているのは、素人でも理解できるくらいシンプルな戦術、つまり「戦い方」の解説だ。サッカーのフィールドは、場所による違いは多少あるにせよ、縦が105m、横が68m。ここで90分間、11人対11人の戦いが繰り広げられる。そこにはもちろん勝つための作戦があり、かけひきがある。

 しかし、見ている側は、ついわかりやすい部分に目をやってしまう。ゴールがなかなか決まらない、あるいは選手が全力でプレーしていないと見ると、勝手にイライラしてヤジを飛ばす。水面下の攻防などつゆ知らず、「走れ!」「シュート打て!」。もちろん、サッカーをひとつのエンタメとして見るならそれもありだろう。実際に「走れ!」というヤジが選手を鼓舞することだって大いにある。

手元に長方形を書いて、選手を置いてみよう

 しかしそれだけでは、サッカーを見る目というのは養われない。本書における著者の狙いは、ひとえに「観客のレベルアップ」ということになるだろう。プレーをするのは選手で、戦術を考えるのは主に監督の仕事。観客にできることといえば「応援」くらいしかない。

 では、我々は試合で何を見ればよいのか。著者は「フォーメーション」を見ろという。つまり選手の配置されている布陣だ。「4-2-3-1」という、一見何のことかわからないタイトルは、この布陣の問題に関わってくる。ちなみにこれは、4人のディフェンダーの前に2人の守備的ミッドフィルダーを置き、両サイドとトップ下のポジションに攻撃的ミッドフィルダーが3人、フォワードが1人、という布陣。こういう“配置の形”に目を向けろというのだ。

〈きっかけはあくまでも、ぼんやりと浮かび上がるデザインの違いだ。どういう模様が描かれたときに、どのような現象が起きるか。起きやすいか。それについての裏付けを取りながら、ちょっとした探偵気取りで、サッカーというスポーツを眺めてきた〉

 まずは手元に長方形を描き、両チームの選手を配置し、そこから読みとれるものを考えてみよう、というわけだ。この部分にはスペースがある、ここは人が混んでるな……フォーメーションを眺めながら、そんなシンプルなことに思いを馳せるだけでいい。なにも細かな作戦の応酬や、見えない心理戦を読み解こうというのではない。考えるべきは、「効率」だ。

 例えば、フィールドのセンターにいる選手と、サイドにいる選手では、どちらがボールを持ちやすいだろうか。センターでボールを持てば、前後左右、360°から敵が迫ってくる可能性がある。対して、ライン際であれば、前後と片一方のサイド、つまり180°に注意を払えばよい。

 それでは、ボールを相手から奪おうとする際、ピッチのどの部分で奪えれば効率がよいだろうか?

コメント4件コメント/レビュー

4-2-3-1が最強?そんなこと杉山さんは一言も言っていないでしょう。著書の中で4-1-4-1や4-3-3についても触れているしあえて理論上もっとも攻撃的というならそれは3-3-3-1だと言っているじゃないか。トップ下を置かない4-3-3がトレンドとは何のことですか?ランパードやバルサのシャビ、イニエスタの役割はどう説明するんですか?それと4-4-2が主流って昨季までのリバプール、ローマ、オランダ、ドイツ代表チームは4-2-3-1だったじゃないか。それはなぜなのかわかっているんですか?あなたのような人たちがよく言うのが「選手の能力を最大限に発揮できるのが最適なシステム」という言葉だがその前に「どんな戦い方をするのか」ということは考えないんですか?それも「時代にあった戦い方」をふまえて。「一番重要なのは選手」という言葉もじゃあ「どんな選手が重要か」ということは考えているんですか?そういう試行錯誤を繰り返してきた結果いろんな布陣が新しいタイプの選手が生まれているわけでしょう。それをただの「紙の上で考えた事」などとそれを怠ってきた日本人に言う資格はないでしょう。それを怠るとどうなるかは日本やイングランドを見れば言うまでもないでしょう。よく日本の選手たちが言う「自分たちのサッカーをするだけです」などというセリフなんて時代に背を向けているだけでまして勝つこともできないなら糞の価値もないでしょうが。要は杉山さんの言っていることがわからない人たちは布陣ありきだと思っているからじゃないのか?でも新しいトレンドが生まれた理由については考えようとはしてないよな。まあ氏もその点は言葉足らずかもしれないけど。「100チームには100通りのシステム」にとらわれてさらにマクロの視野で見れないんじゃあダメだわ。(2008/09/17)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

4-2-3-1が最強?そんなこと杉山さんは一言も言っていないでしょう。著書の中で4-1-4-1や4-3-3についても触れているしあえて理論上もっとも攻撃的というならそれは3-3-3-1だと言っているじゃないか。トップ下を置かない4-3-3がトレンドとは何のことですか?ランパードやバルサのシャビ、イニエスタの役割はどう説明するんですか?それと4-4-2が主流って昨季までのリバプール、ローマ、オランダ、ドイツ代表チームは4-2-3-1だったじゃないか。それはなぜなのかわかっているんですか?あなたのような人たちがよく言うのが「選手の能力を最大限に発揮できるのが最適なシステム」という言葉だがその前に「どんな戦い方をするのか」ということは考えないんですか?それも「時代にあった戦い方」をふまえて。「一番重要なのは選手」という言葉もじゃあ「どんな選手が重要か」ということは考えているんですか?そういう試行錯誤を繰り返してきた結果いろんな布陣が新しいタイプの選手が生まれているわけでしょう。それをただの「紙の上で考えた事」などとそれを怠ってきた日本人に言う資格はないでしょう。それを怠るとどうなるかは日本やイングランドを見れば言うまでもないでしょう。よく日本の選手たちが言う「自分たちのサッカーをするだけです」などというセリフなんて時代に背を向けているだけでまして勝つこともできないなら糞の価値もないでしょうが。要は杉山さんの言っていることがわからない人たちは布陣ありきだと思っているからじゃないのか?でも新しいトレンドが生まれた理由については考えようとはしてないよな。まあ氏もその点は言葉足らずかもしれないけど。「100チームには100通りのシステム」にとらわれてさらにマクロの視野で見れないんじゃあダメだわ。(2008/09/17)

日本代表の岡田監督は……というと、やはり時代遅れなのだなーと思う。(2008/05/12)

著者は世間的には割と名の知られたライターながら、サッカーオタにはあまり評判がよろしくありません。その原因は、まさに本書のタイトルにもなっている「4-2-3-1最強説」に拠る所が大きいのです。確かに5年ほど前は欧州でも4-2-3-1システムが流行していましたが、「今のトレンド」はトップ下を置かない「4-3-3」と「4-4-2」が主流ですね。著者は4-2-3-1が流行りだした頃からこの主張を続けていると了解していますが、今さら何を時代遅れな事を・・・というのが個人的な本音です。更に重要なのは、サッカーにおいてより重要なのは「選手」であり、「最適なシステム」とは選手の能力を最大限に発揮するための配置でしかない、という事です。経営でも同じ事が言えますが、紙の上で考えた事は結局上手くいかず、社員や取引先・顧客の生の声をきちんと聞かないと理想の経営は作れません。100社には100通りの経営手法、100チームには100通りのシステムがあって然るべきではないでしょうか。(2008/05/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長