• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

腰痛持ちの「新人」の再出発 ― デビッド・トムズ

Grinding to make the cut is too much like work. (予選をぎりぎりで通るだけの日々は、仕事以外のなにものでもない)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2008年5月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

デビッド・トムズ

Grinding to make the cut is too much like work.

― デビッド・トムズ

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 5月のワコビア選手権初日。デビッド・トムズが首位に立った姿を見て、「がんばれ!」と、思わず拳を握り締めた。

 二軍ツアーを経て92年から米PGAツアー参戦を開始したトムズの全盛期は、全米プロ優勝を飾った2001年だった。飛ばないけれど正確なゴルフでビッグネームたちを押さえ込み、メジャーチャンプに輝いたトムズは、ショートヒッターのヒーローだった。

 06年まで順調に勝ち星を重ね、通算12勝。しかし、昨年はついに未勝利となり、既に18試合が開催された今季は、まだ7試合にしか出場していない。そのうち予選落ちは3回。調子は明らかに悪い。

 不調の原因は2つ。1つは「遺伝的な持病」である腰痛だ。優勝した全米プロウィークも鎮痛剤を山のように飲みながら1週間を乗り切った。優勝後にインタビューしたときは、手のひらいっぱいに鎮痛剤を乗せて「このぐらい飲んでいるよ」と笑顔で披露してくれた。

 そう、トムズは腰痛との「明るいお付き合い」をずっと心がけてきた。だが、このところの腰痛は悪化の一途。「普通の生活をするだけなら、それほど大問題じゃないんだけど…」と、プロゴルファーであることを呪うような発言まで飛び出していた。

 トムズの不調のもう1つの原因は、近年のコース設定に起因している。コースの伸長が著しい中、平均飛距離268ヤードで195位のトムズは言うまでもなく苦しい戦いを強いられている。全盛期のころは、パワー不足を正確性でカバーしていたが、「ゴルフが違うゲームになってしまった」と嘆く昨今のトムズは、ショットの正確性まで失いかけ、フェアウエイキープ率が66.8%で53位まで低下。それは、自信とやる気の低下を示す数字でもあり、暗い表情しか見せなくなっていた。

 そんなトムズが久しぶりに首位に立ち、口にしたのは、こんな一言だった。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師