• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

猛然と追い上げるPSP
~「ニッポンのあそこで」地図とゲームが合体

2008年5月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、プレイステーション・ポータブル(以下・PSP)が元気です。最近の販売ペースで比較すると、Wiiはもちろん、ニンテンドーDSよりも売れているのですから、その人気ぶりがわかります。

 そこで今回は、ちょっと面白い技術を利用しているPSPソフトをご紹介しましょう。タイトルは「ニッポンのあそこで」。これは地図を利用したゲーム。地球を観光開発するべく訪れた異星人が、日本(の巨大地図)を舞台に、日本中の名所を発見していく、というシンプルなシステムになっています。UFOに乗って「名所を釣り上げていく」という、いわばフィッシングゲームのような体裁をとっていて、ついついプレイし続けてしまう楽しさがある、なかなかの佳作です。

 とはいえ、当コラムは、ただ面白いというだけで「ニッポンのあそこで」を紹介しているのではありません。注目すべきポイントは、ふらりと街を出歩いたとき、そのソフトが、一気にPSPを便利なアイテムへと変化させてしまうところにあるのです。

 それを可能にするキーワードが、「Place Engine」という技術です。ぜひ覚えておいてください。

現在位置を特定する技術…でもGPSじゃない

 では質問です。いま、自分がいる場所を知りたいとき、どうすればいいでしょう。

 もっとも簡単なのは「GPS」を利用することでしょうか。カーナビなどでおなじみの機能ですね。正式名称はグローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System)。人工衛星からの信号をGPS受信機で受け取り、現在位置を特定するという仕組みです。PSPでも、別売りの「GPSレシーバー」(6000円)を装着し、地図ソフトと組み合わせて活用することが可能です。

 しかし「ニッポンのあそこで」は、そんな技術は使いません。そうなのです。地図を楽しむソフトでありながら、なんとGPSは使用していない。

 ただ、ソフトをPSPに入れるだけでいい。いわば「タネも仕掛けもない」状態です。にもかかわらず、ゲーム内で「現在位置」を知ろうとすると、瞬時に画面上に地図が表示され、いまユーザーが立っている場所が表示されます!

 ビル内だろうが地下だろうが、ちゃんと認識します。いざ体験してみると、けっこうビックリするでしょう。

 ただのゲーム機が、どうやって現在位置を特定しているのか?

コメント0

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「猛然と追い上げるPSP
~「ニッポンのあそこで」地図とゲームが合体」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員