• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最高級リゾートホテルにクラシカルなコースが似合うグレンイーグルズカントリークラブ

  • 三田村昌鳳

バックナンバー

2008年5月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:宮本卓、以下同)

(写真:宮本卓、以下同)

 2005年、G8サミットが開催されたグレンイーグルズ。スコットランドの中でも最も格調高く上品なラグジュアリーホテルとして有名である。80年の歴史を持つホテルの居心地に満足しないゲストはいないと言われる。

 16室の特別スイートルームを含む269室。そのどれもが、ゆったりとして優雅で高級感が漂う。レストランもバーも、豪華さよりも典雅なスコットランドの貴婦人を連想させる。

 けれどもゴルファーにとっては、1900年代初めに全英オープン2連勝を含む通算5勝を果たしたジェームズ・ブレイドの優れたデザインに挑戦意欲をかき立てられる。1919年に造られたキングスコースは、6826ヤード、パー71でも手強いし、さらに1924年に造られたクイーンコースは、5965ヤード、パー68なのに、てこずる。

 1993年、さらにもう18ホールが造られた。ジャック・ニクラス設計のモナークコースである。いまは、2014年のライダーカップの会場になることから、The PGA Centenary Courseに変わったようだけれど、このコースは、ニクラス渾身のモダン・クラシックなデザインで、一躍有名になったコースである。

 ほかに9ホールのウィーコース(子供用のコース)があって、全部で63ホールを有している。

 もちろん、ゴルフのほかに乗馬やシューティング、釣り、あるいはオフロード・ドライビングなどアウトドアのリゾートを満喫するメニューもある。

コメント0

「至福な風景/世界の名コース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック