• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

老後をのんびり楽しく生きるには~『隠居宣言』
横尾忠則著(評: 澁川祐子)

平凡社新書、760円(税別)

  • 澁川 祐子

バックナンバー

2008年5月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間30分

隠居宣言

隠居宣言』横尾忠則著、平凡社新書、760円(税別)

 最近、「老い」が気になってしかたがない。そう友人に話したら、「30代で考えるにはまだ早いんじゃない」と笑われた。

 たしかに一理。だが、今の世の中を見渡せば「若さ」がもてはやされ、多くの人がそれを維持しようと必死だ。「生涯現役」なんて前向きなキャッチフレーズにも、いささか無理を感じてしまう。結局は「老い」に対する抵抗にみえて仕方がないからだ。なんていうのかな、もっと肩の力を抜いてひょうひょうと人生後半戦を生きている人っていないもんでしょうか。

 ……と思ったら、あった、あった。これだ! そう思って手に取ったのが、横尾忠則の『隠居宣言』である。帯には南伸坊の手による、和服に下駄にステッキという出で立ちの古き良き「ご隠居」の姿を描いたイラスト。60年代に若者文化の象徴となった著者が、21世紀に入って老人文化のお手本になるのか……と感慨深くページをめくった。

 1936年生まれ、現在72歳。横尾氏が老いを実感したのは、70歳になるその2、3年前くらいからだという。それまでは、〈40歳の時は30歳、50歳の時は40歳、60歳の時は50歳と自分の年齢を10歳若く(自分に対して)詐称していた〉のが、頻繁に体調を崩すようになり、「老化」という肉体的な変化に直面する。老いに対する不安から、「老人」をテーマに扱った本を手に取るようになった横尾氏は、老いを積極的に受け入れようとする小林秀雄やヘッセの言葉に出会い、

〈老人になった以上、老人に抵抗するのではなくむしろ老人であることを自らに歓迎した生き方、つまり自分の限界を知ることが老人になったという悩みを解決してくれるような気がしたのである〉

 という心境にたどり着く。そして、70歳にして堂々の「隠居宣言」をした。

隠居生活とは「のんびり」と「創造性」である

 本書には、宣言後の隠居生活のあれこれが、編集者からの108の問いに対する答えという形で語られている。食事や睡眠といった日常生活のこと、病気や健康管理に関すること、創作のこと。そして、作家の三島由紀夫をはじめとした著名人との思い出、幼い頃の記憶、はてはあの世に対する捉え方まで。

 横尾氏について多少なりとも知識のある人ならご存知だと思うが、氏は「あっちの世界」へ自由に行き来ができることでも有名である。そんなオカルトちっくな発言があったかと思えば、のどかな散歩の風景などが同列に語られ、この本はまさに横尾氏の絵画同様、現実と虚構がぐちゃっと一緒くたになったような印象を受ける。

 横尾氏が「宣言」をしたのは、これが初めてではない。本書の記述によれば、〈68年の「死亡宣言」、70年の「休業宣言」、80年の「画家宣言」、07年の「デザイン廃業宣言」「隠居宣言」〉と40年間で5回も宣言をしている。宣言することで、横尾氏はまわりに自分の意思を伝え、生活そのものを変えようと試みてきた。

 だが、80年の「画家宣言」では、これからは絵に専念すると表明したものの、グラフィックの仕事が結局は増え続けるという経験をしている。それだけに、今度は商業的なデザインの仕事は一切しないという「デザイン廃業宣言」とセットで、本当に好きなことだけやるために「隠居宣言」と相成ったのだ。

 いわく隠居とは、

〈何もしないイメージがあるが、とんでもない。隠居の生活は創造的でなければならない。なぜなら仕事や生計の責任を放棄して好きなことをして閑居するわけだから、のんびりと暮らさざるを得ない。つまりこの「のんびり」が重要である。今までのせかせかした生活から世事を離れてのんびりすることで、隠居は創造的になるのである〉

 という。忙しさから解放されることで「遊び」が生まれ、真に創造的な時間を過ごすことができる。社交は極力控える。好きなことしかしない。

 そう決めた横尾氏の現在の創作活動は、まさに「遊び」と「自由」に満ちている。

コメント0

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック