• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

三峰山でムシを採る

2008年5月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 翌25日は最終目的地のプーサムスンへ向けて、いよいよ出発。

 まず飛行機でシエンクワン省ポンサヴァンに行く。ヴィエンチャンから三十五分。ポンサヴァンのホテルは立派で、コテージ風。

ポンサヴァンの「豪華ホテル」の入り口でくつろぐ、養老先生と、ムシ仲間の池田清彦先生(右)

ポンサヴァンの「豪華ホテル」の入り口でくつろぐ、養老先生と、ムシ仲間の池田清彦先生(右)

これがホテル裏の急斜面。向こうにはのんびりした田園風景が広がります。

これがホテル裏の急斜面。向こうにはのんびりした田園風景が広がります。

 予約したタイプの部屋がいっぱいということで、私と池田君が要人用の部屋に泊められた。応接間つきの立派な部屋。池田君は、こんな立派な部屋にははじめて泊まった、とニヤニヤしていう。

 ホテルの裏は急斜面の草地で、その先に川があり、流域が田んぼになっている。小島君と関東君が網を持って、早速飛び出していく。カミキリ屋は動かない。あんなところにカミキリなんかいないという。そもそも木がほとんど生えていない。

 上からしばらく観察していると、小島君たちの動きが、明らかに虫が採れているときの動きである。まもなく下から「たくさんいますよおー」という小島君の声がする。私も道具を持って、斜面を下っていった。たしかにクチブトが何種か、小さな潅木や草についている。いるもんですなあ。プロのすることは見習うべく、いうことは聞くべきである。とまあ、このときはそう思った。

 ホタルが採れたり、クリタマムシの親戚が採れたり、この草原には結構いろいろ虫がいる。なんということもない斜面だけど。

 そのうち池田君と新里君も降りてきて、トンボを採ったりしている。池田君によると、チョウを採るより、トンボを採るほうが、採ること自体は面白いんだって。わからん。採ったトンボを整理しながら、ロクなトンボはいないと池田君がブツブツいっている。

 上に戻ってくると、小島君と関東君が私の部屋の裏に白布を張りはじめた。夜に備えて灯火で虫を集めようという算段である。ところが若原君が水銀灯はないという。これから行く山の麓の村においてある。

 夕食を町で済ませてホテルに戻り、白布を見に行く。カンショコガネくらいしか、来ていない。小島君は水棲のゾウムシが採りたいのである。「そんなゾウムシ、いるの」と池田君が訊いている。「たくさんいますよ」と、小島君が答える。

ホテルの裏に、白い布を張り、電灯をつけてムシをとります。

ホテルの裏に、白い布を張り、電灯をつけてムシをとります。

虫捕りに熱中して、ホテルの蛍光灯を折っちゃうコマッタひとびと・・・。虫捕りに熱中して、ホテルの蛍光灯を折っちゃうコマッタひとびと・・・。

虫捕りに熱中して、ホテルの蛍光灯を折っちゃうコマッタひとびと・・・。

 白布の傍に、蛍光灯をつけた柱が立っている。小島君がそれに目をつけた。蛍光灯のカバーの下に、おびただしいゴミが溜まっている。ほとんど全部、虫に違いない。あのなかに絶対ゾウムシがいますよ、と小島君。

 どういうわけか、重たいがっしりした竹の梯子が、すぐ傍に転がっている。小島君がそれを立てて、蛍光灯の柱に立てかけようとする。カバーの下に溜まった虫を採ろうという算段である。まわりも手伝って、梯子が柱にかかった。「梯子の角度は七十五度にしてください」と、さすが専門家はいうことが細かい。

 梯子が無事に立ち上がって、どうやら上れそうになったら、小島君がまたいう。「いちばん体重が軽い人」。そうなると文句なしに若原君である。若原君が梯子を上って、カバーを外そうとするが、なかなかはずれない。「もっと外側の上のほうにロックがあるはずですよ」と、下から小島君がいう。若原君がしだいに横へ体重を寄せていったら、案の定、蛍光灯を支える横棒が折れ曲がり、梯子が倒れだした。身の軽い若原君は梯子が地面に倒れる前に飛び降り、支えの横棒が折れ曲がった蛍光灯は、斜めになったまま停止。

 その蛍光灯を下からさらに覗きながら、あっ、クチブトが歩いている、と小島君。若原さん、大丈夫ですか、の一言もない。とにかくゾウムシのことしか、頭にない。

 このまた一部始終を、伊藤君がホームヴィデオに収めていた。蛍光灯を壊した犯人の動かぬというか、動く証拠である。

 この人たちのやることといったら、要するに子どもというか、なんというか。小島君の頭のなかにゾウムシしかないのは確かである。上るといえば、あっという間に梯子に上りだす若原君も若原君である。伊藤君は今回の採集旅行のテレビ収録のためのディレクターを兼ねているから、記録をとるのは、まあやむを得まい。

 それにしても、あそこになぜ梯子があったのだ。地面の上に用もなく、ただ梯子が置いてあるなんて、こういう連中をそそのかしているようなものである。変な集団だとは思ってはいたが、先行きが思いやられる。

 とはいえ私もこの集団の最高齢者だから、ひとまず若い人の行動を抑えなければいけない立場にある。しかしその私が、じつは梯子を支えていた一人なのだから、言い訳できない。

コメント0

「養老孟司先生のタケシくん虫日記」のバックナンバー

一覧

「三峰山でムシを採る」の著者

養老 孟司

養老 孟司(ようろう・たけし)

東京大学名誉教授

解剖学者/作家/昆虫研究家。1937年生まれ。62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室へ。95年東京大学医学部教授を退官し、その後北里大学教授に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック