• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ああ、面白かった」と死ねる、そんな生き方ができる国に
~村上もとか氏インタビュー

江戸時代に現れた脳外科医『JIN‐仁‐』が、日本人に見つけたもの

2008年6月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 現代の脳外科医、南方仁は、ある夜突然幕末時代の日本へタイムスリップしてしまう。そこで見たのは、現代から見れば劣悪な環境と医療技術の中で、したたかに生きていく江戸時代の市井の人々。そして、改革期の日本を支える勝海舟、坂本龍馬、西郷隆盛らとも出会う。仁は、自らが持つ医療技術を約130年前の時代に普及するべく、仲間たちと共に死力を尽くす…。破天荒な設定と重厚な筆力が織りなす異色の医療ドラマ『仁-JIN-』、累計100万部を超えたシリーズ最新刊の発刊を期に、筆者の村上もとか氏にインタビューした(聞き手は日経ビジネスオンライン副編集長 山中浩之)

JIN‐仁‐ 11

JIN‐仁‐ 11』村上もとか著、集英社ジャンプコミックスデラックス 514円(税別)
(C)Motoka Murakami 2008 /集英社

―― 村上もとかさんのマンガは、すごく描き込んだ絵のリアリティーと設定の上に、とても気持ちのいい主人公がいて、ライバルがいて、ヒロインがいて、その人間関係の中で「技」に打ち込んでいくことを通して、登場人物たちが成長していく…そんなイメージを勝手に持っていました。

 ところが、今回お話を聞く『JIN(仁)』は、村上節はそのままに「あり得ない話」にぽーんと飛ばしましたよね、「現代の脳外科医が、江戸末期にタイムスリップする」という。リアルに幕末の時代を描きながら、そこに現代の主人公を置いてみようと考えたのはなぜなんでしょうか。荒唐無稽を承知で何をおやりになりたくてこういうことをなさったのかというのが、すごく聞きたいんですけれど。

あえて破天荒な設定、その理由は

村上 もともと江戸時代、特に幕末の時代にすごく興味があったんですね。ロケットで宇宙の果てを見せてくれる、といわれても「それができるなら、タイムマシンで1日江戸時代へ行きたいな」というくらいで(笑)。チャンバラとかいうことじゃなしに、「どんな生活を送っていたんだろう」ということでね。

 幕末というのは今から3代か4代ぐらい前、長くたって5代前ですから、そこで暮らしていた人の名前から確実に分かるご先祖さんたちが、生きていたわけですよね。そして、あの時代の環境というのは、実は非常に平均寿命が短い。本当に今だったら簡単に治りそうな病気で、ほとんどの人が亡くなってしまう。

―― なるほど。

村上もとか(むらかみ もとか)氏

村上もとか(むらかみ もとか)氏
1951年生まれ。高校2年の時、漫画雑誌「COM」の影響を受け、漫画を描き始める。1972年「少年ジャンプ」でデビュー、1977年、「少年サンデー」で『赤いペガサス』がヒット、81年には『六三四の剣』で少年たちに剣道ブームを巻き起こした。綿密な調査・取材と精密な描写によるリアリティと、人間ドラマで多くのファンを持つ

 一方で、江戸期には華やかな文化も存在している。いったい、どういう気持ちで生きていたんだろう。そう思って幕末の医療についても読んだりしていたんですけど、それはもう小説や漫画でもいろいろな形で描かれてる。「自分が新たに描くとしたら、どんな切り口から描けばモチベーションを高めることができるだろうか」とは、ずっと思っていたんです。

 そんなときに幕末の、いわゆる花魁や遊女たちの性病にポイントを当てた本を見つけたんですよ。『江戸の性病~梅毒流行事情』(苅谷春郎著)という本です。読んでみたら、ものすごく平均寿命が短いんですね。

 そういう職業に就いている人たちは、性病にもなるし、結核にもなったりとかする。もっとも条件のいい吉原などで25歳、条件の悪いところだと20歳そこそこの平均寿命だと。幸運に仕事を辞めるまで生き延びた人がいたとしても、その後、すぐに病気で亡くなっちゃったりするわけです。

 それを知ったときに、とてつもなく悔しい思いがしてきて。その悔しさを晴らすにはどうしたらいいんだろうなと。タイムマシンで当時に行けても、自分は別に医療従事者じゃないし、何もできない。ああ、俺がもし医者だったら、そういう時代に行って治してあげたいな、というぐらいの気持ちになったんですね。

―― え? 気持ちになられて、それでどうされたんでしょうか。

 当時の本を読んでいる素人が悔しくて仕方ないくらいなんだから、本当のお医者さんがこの時代に行ったらどういう気持ちになるだろうか。といっても設備も人材も現代とは違うんだから、何をどれだけ助けることができるんだろうか、ということでイメージが膨らんできて、それで、本当のお医者さんに実際に――「荒唐無稽な質問なんですけど、もしあなたが江戸時代にタイムスリップしたらどうしますか」とお聞きしてみました。そうしたら、みなさん、「えーっ」と。

―― それはそうでしょう…。

 でも出会った先生が、みんな大変面白い先生で、すごくうまく答えていただきまして、「たとえ現代と同じ医療器具や薬はなくても、できることはいっぱいいろいろあるからね」と。「江戸時代でも、自分たちが今まで学んできたことを生かせば、専門外のことでもやることはいっぱいあるはずだ」という言葉に背中を押されて、よし、大変だけどこれをやってしまおうと。

 私は別に時代劇に特別に詳しいわけじゃなかったですし、もちろん現代医療のことは知りませんし、幕末医療のことだって、そんなに本格的に知っているわけじゃありません。でもそれらを全部ちゃんとチェックしていただける専門の方をつけさえすれば、後のタクトは自分が振ってみたいと。

JIN‐仁‐ 11

>>画像を拡大表示する
(C)Motoka Murakami 2008 /集英社

―― 作品の中で驚くのは、麻酔手術はもちろん、ガンの切除まで「当時の技術」と「現代のスキル」の組み合わせで、やってのけてしまう。そこになぜか、異様なリアリティがあるところです。

 例えば、世界に先駆けて華岡青洲は麻酔に似たものを開発したりとか、そういうところの創意工夫、日本人の必死の、世界的な水準でいったら決して高くはなかったかもしれないけど、そこはしっかり踏まえたいんですね。鎖国体制を取りながらも、実は長崎を介して学問なり、技術が入ってくる道を作っていた。その中で一番世の中に直接役に立ったのは、医学ですね。蘭方でオランダを通じて入ってきた医学というのは、すごく大きくて、江戸の250年の中に、ちゃんと脈々と積み重なってきて、知の財産として積もり重なって、幕末を迎える。もちろん最新の西洋医学ではないにしても、実際には相当、レベルが高かったんじゃないかと。

―― そういう歴史的な土台がなかったら、未来から医師がやってきても……

 あそこまではできない、と言いますか、ああいうリアリティは持てないと思うんですよ。単に理解されないで終わると思うんですね。

時代の閉塞感から『龍-RON-』が、そして

―― 『JIN-仁-』を描き始められたのは2000年なんですけれども、この辺は経済の方からいきますと、1997年に都市銀行がつぶれ、4大証券の一角が崩れということで、これはいよいよ、悪いことは何でもありなんだなという閉塞感が濃くなってきたころですね。ITバブルでちょこっとだけ株価が上がるんですが、また落っこちてきます。

 そしてこの年、かわぐちかいじさんが『ジパング』(講談社「モーニング」連載中)を始められました。昭和23(1948)年生まれと、村上さんよりもちょっとお年を召していらっしゃいますけど、こちらもタイムスリップものですね。自衛隊の最新鋭の護衛艦「みらい」が、太平洋戦争の最中に乗員もろとも出現する。2年ぐらい前にお話を聞いたことがありまして(『ジパング』のかわぐちかいじが問う「戦後」)、こういう時代をつくってきた世代として、自分の中で責任を取りたい、という趣旨のことをおっしゃったんです。

 かわぐちさんは自衛隊や政府という大組織を描くのがお上手ですしお好きですから、マクロな形でそういうことをおやりになっているんだと思うんですけれども、もしかしたら村上さんの場合は、個人という目線から、時代の閉塞感に触発されていらしたんではないか…。などと考えていました。でも、始まりはとてもシンプルなものだったのですね。

 どちらかというと、時代的なものを意識して描いたのは、1991年の頭から始めた『龍-RON』(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)ですね。

 僕は昭和26(1951)年に生まれて、高度成長に乗ってわーわーと、お祭りみたいな感じでもいたし、漫画も、ちょうど自分たちが描き始めたころというのは、社会的に影響力を持ち始めて売れるようにもなったし。「漫画家って貧乏なままみんな死んじゃうのかな」ぐらいに思っていたのが、漫画を描いても生きていけるんだという感触になった。

 本当に、時代のおかげでこの職業でずっと食べてこられたなという感じもあったものですからね。それがバブル崩壊で、「世の中、もう終わりか」なんて雰囲気もあったけど、戦争の直後なんてこんなもんじゃない、もっとすさまじく悲惨だった戦争の後に、日本人はこれだけ復活した。もちろん社会的な様々な問題はあるけれど、比べたらまだどうってことはない。ゼロになったわけじゃないし、株価にしても単にバブル前に戻っただけですよね。

 だったら、日本がすべてを失ったあの戦争直後、その前の時代って、何を持っていた、どんな時代だったんだろうというのが、『龍-RON』を描いた根本みたいな感じだったんですよね。

―― それでは、『JIN-仁-』は?

 『JIN-仁-』を描いた背景には、株価と一緒にみんな右肩上がりでもう1つ伸びていったものがあります。日本人の寿命です。ぼんぼんっと上がっていった。

コメント0

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「「ああ、面白かった」と死ねる、そんな生き方ができる国に
~村上もとか氏インタビュー」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長