• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

解明できない幻――ロレーナ・オチョア

I think I gave myself like 17 birdie chances.(バーディチャンスが17回もあったみたいな感覚だった)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2008年6月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ロレーナ・オチョア

I think I gave myself like 17 birdie chances. ― ロレーナ・オチョア

>>画像を拡大表示する

(写真:田辺 安啓)

 「ゾーンに入る」という言葉がある。その意味は「集中力が極限に達し、何をやってもうまくいく状態」なのだと言われている。アマチュアゴルファーも「今、ゾーンに入っちゃってたよ」なんて言い方をする。

 だが、「ゾーン」の定義そのものが、どことなく曖昧なだけに、どのぐらいコトがうまく運び、どのぐらい集中力が高まれば「ゾーンに入った」と言えるのか。そのあたりもまた曖昧だ。

 米ツアーで「ゾーンを経験したことはあるか?」と尋ねると、「イエス」と答える選手は、さほど多くはない。ゾーン経験者は、せいぜい全体の3割ぐらいだ。

 確実に「ゾーン」と思われる状態を経験した代表選手はアニカ・ソレンスタムだろう。01年のスタンダード・レジスター・ピンの2日目に未曾有の「59」をマークしたあのとき、「私は、いわゆるゾーンに入っていた」と彼女は断言した。

 ゾーンに入っているときは、一体、何がどんなふうに感じられるのか。ソレンスタムに尋ねた。

「すべてのパットが絶対に入ると感じられた。だって、カップがものすごく大きく見えたんですもの」

 なるほど。大きなカップに小さなボールを沈めると思えば、気持ちは格段にラクになる。あんまりパットが簡単で、あんまりバーディが続くものだから、さすがに怖くなり、「8連続バーディのあと、私にはパーが必要だと思ったぐらいよ。それで9ホール目をパーにして、やっと落ち着くことができた」と彼女は振り返った。

 ゾーンに入った選手は誰もがソレンスタムと同じように感じるものなのだろうか。5月に米ツアーで初優勝を挙げたばかりの今田竜二に尋ねてみた。最終日はゾーンに入っていたと言う今田は、アニカと同じように「パットは外れる気がしなかった」。しかし、カップが大きく見えたかといえば、「いや、それはなかったですね」。どうやら感じ方は人それぞれのようだ。

 ところで、年間グランドスラム達成の期待を担って全米女子プロ選手権に出場した女王ロレーナ・オチョアは、7アンダー65を叩き出した2日目のラウンド後、こんなことを言った。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO