• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

夢をかなえるゾウも頷く『LOVE理論』
~恋愛もビジネスも才能はいらない

  • 大宮 冬洋

バックナンバー

2008年7月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

LOVE理論

LOVE理論』水野愛也著、大和書房、1400円(税抜き)

 笑い満載の自己啓発小説『夢をかなえるゾウ』で大ブレイクしている水野敬也。実は彼には、もう一つの顔がある。「どうせオレなんかモテない」と悩む男女(特に男)をスパルタ式に鍛え直す恋愛体育教師・水野愛也だ!

 愛也先生にはコンプレックスがあった。「腫れぼったい一重まぶた」を中心とするむくんだ顔だ。先生の写真を見るとそうでもないのだが、本人は気にしていたらしい。ずっと人前に出るのが嫌いで、ゲームセンターに通いつめ、中学高校時代の6年間でまともに話した異性は母親のみだったという。

 しかし、大学入学を機会に愛也先生は誓った。労せずモテまくるイケメンたちに負け続ける人生と決別する、と。

〈持って生まれた才能で大幅に出遅れたからといって、この現実世界において俺が、トム・クルーズに遅れをとって良いということにはならない〉

 恋愛において超人気俳優のトム・クルーズに勝つ。あまりに無謀な目標である。だが、愛也先生は本気だった。ホストクラブで裸芸を極め、200冊以上の恋愛マニュアル本を読破した。その苦闘の結実である本書を読み進めると、「こんな僕でもモテるかも! トムがいない男女グループなら」ぐらいには思えてくる。

 本書で言う「LOVE」とは純愛ではなく、ずばりセックスを指す。理想の女性とセックスをするために、犯罪以外のあらゆる手を使うというのが愛也先生の教育方針だ。なぜなら、「女は好きな男とセックスするのではない。セックスした男を好きになる」から。極端な先生だな……。

先生は邪道をアクセル全開で走る

 愛也先生の恋愛教育は、モテるための「根本原理」を習得することから始まる。そのうちの一つ「執着の分散理論」とは、同時に何人もの女性にアプローチして気持ちに余裕を作ることだ。

 一人の女性に惚れ込むとウザがられる可能性が高まる。5人以上の女を同時に口説くとほとんどテンパらなくなる、と愛也先生。決して正道ではないが説得力がある。

 「BTO理論」はさらに邪道だ。モテない男たちには、女性経験がなくて恋愛に臆病になってしまう共通点があるという。「女性に対する幻想を捨てる」ために、「どんな女とでもいいからとにかくセックスをする」ことが必要だ。

 愛也先生は、自らの初体験の女性・小野さん(仮名)にあやかり、この理論を「ブサイク・ティーチャー・オノ理論(略してBTO理論)」と命名した。

 いくらなんでも酷すぎると反発する人も当然いるだろう。踏み台にされた女性が事実を知れば深く傷つくはずだ。また、「近くにいる気心が知れた異性を自然に好きになりたい」タイプの人には不要なアドバイスかもしれない。

 そんな人は、本書をビジネス本として読んでみてはいかがだろうか。心理ゲームとしてのビジネス現場にも役立つ理論が多いことに気づくだろう。たとえば、「執着の分散理論」はビジネスでいうリスク分散にほかならないし、BTO理論は小さな成功体験の重要性を説くものだ。

 根本理論を踏まえた実践編は、「仕込み」「出会い」「デート」「セックス」「交際中」の5段階に分けて記述される。

コメント3件コメント/レビュー

同じような事を考える人はいるものですね。  モテナイ君がモテル(出来る)様になるには、実践的で有効な方法だと思います。  ただ、人としてこんな風に割り切って出来るかどうか?と言うのが問題でしょうね。  プライドや一般的な倫理観などを乗り越えられるか。  コネも無く、学歴も無い貧乏人が金持ちになる方法(グレーゾーン、出来れば違法行為)と同様の発想ですからね。  評者の様にビジネス書として読むのもありでしょうが、実際にはここまで馬鹿馬鹿しく明け透けに書く事で、過剰な恋愛至上主義(モテル奴が勝ち組!)から読者(モテナイコンプレックスに囚われた)を解放するための本でしょう。(2008/07/24)

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同じような事を考える人はいるものですね。  モテナイ君がモテル(出来る)様になるには、実践的で有効な方法だと思います。  ただ、人としてこんな風に割り切って出来るかどうか?と言うのが問題でしょうね。  プライドや一般的な倫理観などを乗り越えられるか。  コネも無く、学歴も無い貧乏人が金持ちになる方法(グレーゾーン、出来れば違法行為)と同様の発想ですからね。  評者の様にビジネス書として読むのもありでしょうが、実際にはここまで馬鹿馬鹿しく明け透けに書く事で、過剰な恋愛至上主義(モテル奴が勝ち組!)から読者(モテナイコンプレックスに囚われた)を解放するための本でしょう。(2008/07/24)

10年前にこの本に出会っていれば人生が変わっていた(良くか悪くかはわからないが・・・)と思います。愛也先生の経験談に基づくAnalysisは極上であり、すぐ使えるノウハウです。しかもかなり的を得ていると思います。是非次はビジネスにフォーカスした内容での「商売理論」も刊行して頂きたいです。(2008/07/22)

人間として人の好意をもてあそぶなんて最悪だと思います。恥を知れ。(2008/07/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長