• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ラオス再訪 その6 ラオスの田舎で『地球環境問題」を考えてみる

2008年7月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人が少ないのはいいことである

 ラオスの人口は、ほぼ六百万人。隣の二つの大国、ヴェトナム、タイと比較すると、十分の一以下である。なるほど居心地がいいわけ。人が有り余った現代では、国土に余裕がある国に属する。

 ヴィエンチャンから北に二十キロほど移動して、山の上から見ると、遠くの山並みに至るまで、なんと人工物が一つも見えない。見えるものは、ただ樹木と地面ばかり。こういう経験はほとんど生まれてはじめてではないか。カメラマンの柳瀬さんが同じことを述懐していた。

人口600万人のラオスの風景

人口600万人のラオスの風景

 ブータンも好きだが、ここはさらに十分の一近い人口しかない。人口八十万、面積は四国と九州をあわせた程度。福岡市にもならない人口が、その範囲に広がっていたら、いくら山がちでも地面に余裕がある。

 70年頃に、オーストラリアに留学していた。当時のオーストラリアの人口は八百万、それがいまではほぼ三倍に近い。

 考えてみれば、私は人が少ないほうに行くクセがある。日本人だから、そういう場所にあこがれるのか。

 可住面積あたりの人口密度は、日本は明らかに世界一である。つまりは人が多すぎる。それでも暮らしていられるのは、それなりのノウハウを社会的にしっかり築いてきたからである。それには江戸時代という閉鎖環境がきわめて有効だった。世間の常識というものを作り出したのは、江戸時代である。モッタイナイという言葉が、それを代表している。アメリカ英語に入れたい言葉の一つではないか。

 江戸末期には、日本の環境資源は限度に達していた。だから開国すると、とたんに人口が激増する。文明開化にはそういう意味があった。海外から資源が流入したのである。

 神戸の六甲山は、江戸の末期には禿山である。いまは新幹線のホームにまで、樹木が伸びてきそうな勢い。これは石油のおかげで、樹木を伐採しないで済むからである。文明開化は環境を破壊したが、他方では森林を維持してくれた。ラオスの焼畑を見ていると、しみじみそれを感じる。石油が無くなる世界では、森はどうなるだろうか。エネルギー問題は環境を維持するための最大の課題である。温暖化なんて、エネルギー問題の副産物の一つに過ぎない。

コメント2

「養老孟司先生のタケシくん虫日記」のバックナンバー

一覧

「ラオス再訪 その6 ラオスの田舎で『地球環境問題」を考えてみる」の著者

養老 孟司

養老 孟司(ようろう・たけし)

東京大学名誉教授

解剖学者/作家/昆虫研究家。1937年生まれ。62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室へ。95年東京大学医学部教授を退官し、その後北里大学教授に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員