• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第1回】うつ病は必ず治りますか?

  • 米山 公啓

バックナンバー

2008年7月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

どんな病気であれ、絶対に治ると言い切るのは難しいものです。高血圧症の治療薬でも、100パーセント治癒ではないのです。虫垂炎(盲腸)の手術でも、お医者さんは絶対に安全で治りますとは説明しないでしょう。どんなに簡単な手術であっても、常に危険が伴うからです。

 これだけ医学が進んできても、原則として大人になったら、脳の神経細胞は再生しませんから、神経細胞自体がなんらかの原因で壊れていってしまう神経の難病では、治療が難しいのが現状です。

 ところが、うつ病というのは、おおざっぱに言えば、治療によって、8割の人が治ってしまうか症状の改善があります。いろいろな病気から考えると、うつ病というのは、非常に治しやすい病気だと考えるべきです。

 うつ病は社会的な問題として大きく取り上げられますが、それはネガティブな部分を拡大したものであって、実際にはうつ病が治っている人が多いのです。

 もちろん難治性のうつ病もあるので、絶対にどんなうつ病でも簡単に治るとは言い切れませんが、基本的には的確にうつ病の治療薬を飲めば、症状は改善していくものです。

 ところがそれがうまくいかないのは、うつ病であることを気がつかない人がいたり、なかなか専門的な診断や治療がうけられないからです。また、治療を開始しても、途中で薬をやめてしまう人がいたりすることも、治療の障害となります。

 医者が1日2錠飲むように処方しても、薬が多いと思って、医者にだまって1錠しか飲まない患者さんもいます。うつ病の薬は飲む量によって、効き目に非常に差が出ることもあるので、思っている以上に2錠と1錠では、効果が違うのです。

 きちんと薬を飲まずに、薬を飲んでもうつ病が治らないと思ってしまい、医者にかからないことが問題なのです。

 患者さんがそうしてしまうのは、薬だけの問題ではありません。病気を治すには、医者と患者さんとの信頼関係がどうしても必要です。信頼している医者からの薬だから安心して飲めるということでしょう。

 だから主治医としっかり話し合いながら治療していくことが必要です。なぜこの薬を飲まないといけないのか、それを理解していれば、いい加減な薬の飲み方にはならないはずです。

コメント7件コメント/レビュー

折角意を決して受診したのに合わずに医師を変えるのはそう簡単ではない、大変だとのご意見。その通りだと思います。「合わない」「変えたほうが良い」というのは冷静な客観的な見方発言だとおもいます。苦しんでいる本人が冷静に客観的な判断は難しいと思います。家族がそのようにできれば良いですが、家族も苦しんでいるはずですから、可能なのは一部。ということは支えてくれる第三者が必要ということでしょうか? それは医師や経験豊富なカウンセラーとすれば、堂々巡りになりませんか。案外メンタルの難しさはこんなところにあるかもしれませんね(2008/07/25)

「米山公啓の「ココロが疲れたと感じたら~うつに関する12の質問」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

折角意を決して受診したのに合わずに医師を変えるのはそう簡単ではない、大変だとのご意見。その通りだと思います。「合わない」「変えたほうが良い」というのは冷静な客観的な見方発言だとおもいます。苦しんでいる本人が冷静に客観的な判断は難しいと思います。家族がそのようにできれば良いですが、家族も苦しんでいるはずですから、可能なのは一部。ということは支えてくれる第三者が必要ということでしょうか? それは医師や経験豊富なカウンセラーとすれば、堂々巡りになりませんか。案外メンタルの難しさはこんなところにあるかもしれませんね(2008/07/25)

気になったことが1つあります。>どうもウマが合わない、信頼できないと思うなら、迷うことなく医者を替えてみましょう。>自分に合ったお医者を捜し出すことは、うつ病を早く治す手段です。 うつ病の方が自分にあったお医者を自発的/積極的に探すのは難しいのではないでしょうか?うつ状態で気力を出して何とか病院に行ったのに先生とウマが合わずに、また新しい病院を探すのは大変だと思います。このジレンマに対する回答/道標を今後のコラムに期待しております。(2008/07/24)

第2子を産んだ後、うつ病になりました。24時間泣き止まず、吐いてばっかりいる赤ん坊に問題があると思って医者に行ったら、その医者がわたしにも問題があると気づいてくれました。かなり強い薬を2年間ほど飲みました。長い長いトンネルに入ったまま永遠に抜け出せないかのような絶望感。車に乗れば、必ず、事故に遭いたい、大きな事故に遭って病院のベッドでゆっくり一人で眠りたいと考えていました。支えになったのは主人でした。「自殺することもあり得る」と医者に脅かされた主人は、感情の起伏が激しく不安定なわたしを、ひたすら献身的に支えてくれました。二人の子供と家族を守ろうとする主人のために何とか生きていようとしていただけの日々。夜は体力がないため3~5時間ほどしか眠れず、一日3時間ほどしか家事も出来ないほどの体力の低下。辛かったです。でも、あの15年前のどん底がウソのように週3回のテニスを楽しんだり、学校行事に参加したりできるようになりました。医者との相性も大事ですが、何より身近な人の支えが励ましになる病気だと思いました。(2008/07/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員