• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『一杯のかけそば』って『ケータイ小説的。』
~いまの「リアル」はヤンキー文化と浜崎あゆみから

2008年7月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ケータイ小説的。 “再ヤンキー化”時代の少女たち

ケータイ小説的。 “再ヤンキー化”時代の少女たち』速水健朗著、原書房、1500円(税抜き)

 ケータイ電話とipodが一体となったiphoneの発売日。都内の販売店で行列の先頭にいた人に、テレビの取材者が「最初に誰にかけますか」と問うと、ジミな名古屋の青年は母親にその場で電話をかけていた。

 取材陣が殺到したのは、栃木からやって来たというモヒカンにサングラスに刺青の男性。彼が電話で呼びかけたのは、「あっ、ばあちゃん」だった。一番に電話したのが彼女とか友達ではなく、郷里の家族。意外というべきか、なごむエピソードだ。モヒカンの彼は、徹夜しているうちに仲間ができて楽しかったと語っていた。

 便利な機能よりも、イベントに参加することに、ケータイ電話がもつ意味も変化しようとしているのかもしれない。そんなふうに考えたりしたのも本書を読んでからだ。

 ケータイ小説は、都市でなく、地方で売れていた。著者は、その意味を探ろうとする。

 ありがちなケータイ小説論で似通っているのは、「これは小説できない」「文学ではない」と論じて、溜飲を下げるものだ。しかし、欠陥をあげつらってみたところで、「なぜ100万部もの売り上げがあったのか」。ナゾは、いっこうに解き明かせるものでもない。

〈ケータイ小説とは、ファスト風土化した郊外が舞台で、郊外に住む少女が主人公の、郊外に住む少女たちを主な購読層にした、郊外型ショピングモール内書店で売られる「新しい文学」である〉

 「ファスト風土化」とは、『下流社会 新たな階層集団の出現』の著者・三浦展の造語で、日本全国どの地方にいってもファストフード店のように同じ風景が広がっている様を指す。ケータイ小説が売れたのは都市部ではなく、地方の街だった。

「実話」が欲しくてたまらない

 著者は、論を展開するにあたって、まず、近年のベストセラーに注目している。極道の妻から弁護士となった女性の波乱万丈を綴った『だから、あなたも生き抜いて』。アダルドチャルドレンだったと告白する、堺正章の元妻の自伝本。飯島愛の『プラトニック・ラブ』。これらの本に共通するのは、「過去」を打ち明けたノンフィクションであること。

 大人たちが飛びついたのは、すべてが「実話」であったからだ。そして、ケータイ小説の読者もまた「リアル」であることを共感のポイントにあげている。

 大人の目からすれば、ケータイ小説はレイプや援助交際に難病などの悲劇のバーゲンセールじみているし、話としてつじつまの合わないところは多い。おまけに文章が稚拙となれば、小説とは言い難いものが売れるのは「理解できない」と、クビを傾げることで大人たちはヨシとしてきた。

コメント2

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ライバルは思わぬところから出現します。

浜田 健一郎 ANA総合研究所 シニアフェロー・前NHK 経営委員長