• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ストレスはどこから来るの?

  • 大西秀樹

バックナンバー

2008年8月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今日もお仕事ご苦労様です。

 連日、多くのストレスにさらされている皆様方ですが、ストレスにはどのようなものがあるのでしょうか。

 まずは仕事。膨大な仕事量、書類の山、連日の深夜残業、上司の無理な要求、会議でしかられる・・・。会社勤めをしているとこのようなことは日常的におきているのではないでしょうか。仕事以外でのストレスもあります。親の具合が悪くなり誰かが介護しなければならない場合、自分自身が病気になり休職を余儀なくされたときも将来の不安などから、ストレスが生じます。

 このように、多くのストレスは外部から自分に何らかの負担になることが生じたときに起こるのですが、そうでない場合もあります。

 たとえば、退職。仕事の重圧から解放され、「さあ、これからは趣味と旅行!」と優雅な老後を夢見て第2の人生に入るのですが、実際辞めてみると、何もすることがなく、実は会社が自分の人生そのもので、退職という形で仕事、地位、および毎月の給料を失ったことが大きなストレスになる場合もあります。

 昇進がストレスになることもあります。昇進そのものは努力が認められた結果で喜ばしいことですが、昇進により責任が増大し、上司と部下からの圧力も大きくなり、昇進の喜びどころか「こんなであれば昇進しなければよかった」などと言う訴えを聞くこともまれではありません。

 では、次のような場合はいかがでしょうか。

 同じように仕事をしていても、“今日の仕事は終えた”と考え、さっと仕事を切り上げて帰る人がいます。かと思えば連日夜遅くまで自分に仕事を課し、深夜まで会社に残り、疲れきっている人もいます。丁寧に仕事をすることは大切ですが、「仕事をしなければならない」と自分の心の中で決めているのは深夜残業が義務となりストレスの原因になります。

コメント0

「大西秀樹の「メンタルヘルスケアの現場から」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長